ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想文:絵本「終わりの無い物語」:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

日本福音ルーテルむさしの教会 浅野様; 終わりの無い物語


日本福音ルーテルむさしの教会が発行している「むさしの 教会だより」の中で、牧師の浅野直樹様が「終わりの無い物語」をとりあげてくださいました。

僕の友人が教えてくれたものです。以下、関連部分を赤線で「」してあります。 (ご趣旨が分かるように、全文を読めるように致しました)

浅野直樹様、本当にありがとうございます!<(_ _)>



img072.jpg


img073.jpg


img074.jpg





  1. 2017/06/12(月) 16:18:33|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪府在住の中学生 U様 -終わりの無い物語


ハンドルネームUさんから、以下の通り、絵本「終わりの無い物語」へ関連してメッセージをいただきました。
U様、ありがとうございました。


----------------------------------------------------
初めまして、大阪府在住の中学生です。
最近とある漫画作品から世界史に興味を持ち、戦争や平和について調べているうちにこの絵本にたどり着きました。
私は、正義という言葉や善悪といった言葉が苦手です。
好き嫌いや信じる信じない関係なく、苦手です。
そこには「自分こそが正しい」と過信する傲慢さしか感じられないからです。
どうして世界には「Yes」と「No」でしか語れない人が多いのでしょうか。
……こういっている私ですら、私の考えこそが正しいかのように発言しています。
なぜ世界は平和にならないのでしょうか。「Yes」と「No」の狭間を探すことが難しいのでしょうか。
父は言いました。「信じることは悪いことではない。それを押し付けることが悪いんだ。」
これを聞いて、私は父が苦手になりました。父は私に自分の考えを「教えよう」としたのですから。
私は常に中央にありたいと思います。何かいさかいがあれば、直接はかかわらずともお互いに譲歩しあうための「中央」を考え、平穏であればそれが続くように努力したいです。
私はこの考えを誰かに伝え、広めていきたいという気持ちはあまりありません。
それこそ自分の正義を「信じ」、それ以外を悪とみなす善悪論と同じになってしまうと思うからです。でも、どこかに自分の気持ちを残したい、記したいと思い、ここにコメントさせていただきました。
最後に、私の考える善悪とは、
『なにかを信じ、それに従い暴走する善・なにかを信じ、それに従い反逆する悪』
です。
とらえ方は人それぞれでしょうが、これが私の考える善悪の全てです。
長々とガキの馬鹿な妄想を連ねてしまい、申し訳ありませんでした。
世界に、小さな子供たちに、穏やかな光あれ
  1. 2013/02/23(土) 22:30:25|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なおえ様 -終わりのない物語


「心の栄養を」というブログで、以下の通り、絵本「終わりのない物語」をご紹介くださいました。
ありがとうございます!!!

----------------------


暴力の連鎖。゚(T^T)゚。(私論です。)


今日は。。。(あっ。。。もう昨日だ。)お昼ごろからずっと頭の片隅で

“暴力の連鎖”について考えていました。。。

終わりのない物語

復讐に復讐を重ねても決して終わらない。。。

憎しみの炎は憎しみで消すことは出来ない。。。

むしろ新たな火種のもと。

“答え”ってこんなものではなかった気がする。。。

殺害は正義じゃない。ただの大義名分。(いろんな意味で。。。)

あの歓喜に沸くアメリカ人の中に9.11テロ犠牲者の遺族はいないんじゃないかと思う。

  1. 2011/05/05(木) 17:50:14|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベンハー様 -終わりの無い物語


ベンハー様から、以下のメッセージをいただきました。ベンハー様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
なるべく全体の流れをつかむことが大事です。一時的憎悪は禁物です。当事者と、全く因果関係のない第三者が平和意識の元で、平和的な解決が大事です。当事者にも、これは永遠に続く「不幸の連鎖」へと繋がることを理解してもらい、理解できたら誓約書を書いてもらうことが大事ですね。一にも二にも根気よく説得することが大事です。決して当事者を罵倒してはいけません。時間はかかっても説得が大事です。平和と、愛を前提とした説得が・・・。
----------------------------------------------------
  1. 2010/08/22(日) 00:16:46|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

akatski様 -終わりの無い物語


akatski様から、以下のメッセージをいただきました。
akatski様、日本語での投稿、ありがとうございました。m(--)m

----------------------------------------------------
 社会現象は複雑である、いろんな面がある。憎しみ連鎖が確かにある程度でぐるぐる回っているかも、しかし 悪を憎む、善を愛するのはわるくも 間違いもないと思う。それに必要だ。肝心なのは錯覚に騙されないことだと。思う。
この絵本は 憎しみは良くない、悪を憎む、善を愛するのはどうか問題があるようだというイメージが与える。もし犯罪を許す、憎まない 公正と正義の心を失えば の ほう こそ。。
 この絵本は 人殺しは悪いと そんなりっぱな友達を殺したのやうは良い人のはずはないと 何でもいいわけになるの信用できない と 理由問わず、勝手に決めるという常識と考え方のうえにこそ設立できるのだ。
 わたしなら、まず気になるのは:なんで?なぜ? 詳しいきかせて と。その真相を知りたい。理由問わず、常識とうり、勝手に思うじゃなくて。
 最後 悪はかたきじゃない。ダマされないよう りようされないよう と。
 公正と正義の心 大事だ。もし利用されたら(錯覚も)公正と正義を疑わないよう。と。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Im sorry my japanese is very Limited,
If u want to publish the words, Please correct,and onegaisimasu.:D
  1. 2010/07/17(土) 09:28:20|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こしし様 -終わりの無い物語/世界平和


MIXIのこししさんの日記にて、世界平和への思い、それから、絵本「終わりの無い物語」に関して、以下の通り、ご紹介・リンクをいただいています。
こししさんは、平和の絵本に多くのリンクもしてくださっています。

こしし様、本当にありがとうございます!!

-----------MIXIのこししさんの日記から引用----------------

世界平和についてまずはどこから始めたら良いのか、それを理解するために世界平和のためのHPがあるはずと思い、「平和の絵本」というところを見ました。

とてもわかりやすく解説してくれていますので、今日は以下の絵本を見た感想を書いていきたいと思います。

でははじめます。

http://www.j15.org/Picturebook-Endlessstory/index.html「終わりのない物語」_憎しみの連鎖を止める絵本

ずっと見ていると、まさにこの世の世界観を表現している絵本だと、感心しました。それと同時に胸が痛みました。

それぞれの国や人が『正義』を持っていて、正しいと思って行動してるだけ。正義によって悪人になった正義は、悪人としか見てもらうことが出来なくなってしまう。

これを繰り返す絵本なのです。興味がありましたら他の絵本もご覧になって、知人友人などにも教えてあげてください。

  1. 2010/04/08(木) 13:20:50|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

匿名の方 -終わりが無い物語


匿名の方から、以下のご感想を頂きました。ありがとうございました。

コメントに関しては、ポジティブ・ネガティブは無関係に、真面目に書かれたものであれば、発表しています。
とはいえ、「この馬鹿!」「死ね!」などとだけ、書いてあるようなメールは、発表していません。ご参考まで。

----------------------------------------------------
他のウェブサイトからリンクでこのサイトに来ました。
いくつかお話を読んだ感想としては着目点はいいと思いますが、全体として稚拙な印象を受けました。挿絵もしかり。
簡略化するのであれば、そのストーリーは綿密に構成されたものでなければいけないと思います。
商業的でないと言いつつ、ポジティブなコメントしか公表しないあたり偏狭的な印象を受けました。
偉そうなこと言ってすみません。
  1. 2010/04/05(月) 08:48:04|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高校生のナナエ様 -終わりの無い物語


高校生のナナエさんから、以下の通り、絵本「終わりの無い物語」に関連して、ご意見・ご感想をいただきました。
若い方に読んでいただけるのは、とても嬉しいです。(^0^)
ナナエ様、ありがとうございます!!

----------------------------------------------------
 私は今高校生で、平和はなぜ実現しないのか?
ということを考えているうちに、「正義の戦争はあるのか?」
という問いも含めて考えるようになりました。
この絵本はその問いに本当に分かりやすく答えを提示してくれました。
少し考えれば分かるのでしょうけれど、実感として答えが出ず・・・。
戦争に、人殺しに正義も悪もない・・・。
ということを感じたのですが・・・これで「合っている」のでしょうか?
作者の方が訴えたかったことを違っているかも知れません。
最近、何が「合って」いて、何が「間違って」いるのかの判別があやふやになってきていて・・・。
小さい頃は、両親がいうこと、おじいちゃん、おばあちゃんが言うことは「合って」いるという風に分かりやすく考えていました。
ですが成長して、自分の価値観を求められるようになると、
何が「合って」いるのか分からなくなるんですね・・・。
いろいろ模索しながら、時間をかけて探してみようと思います。

愚痴のようになってしまって・・・申し訳ありませんでした。
このような活動をなさっている方がいると知ることができて、
そしてその活動から「何か」を得ることができたように思えて、
嬉しく、そして光栄に思います。

長文ですが、あまりの感動で、こうなってしまいました。
どうかお許しください。

ありがとうございました。
----------------------------------------------------
  1. 2010/02/14(日) 22:10:21|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad