ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

めっとX様 -子供を犯罪者に育てる方法


めっとX様から、絵本「子供を犯罪者に育てる方法」へ、以下のご感想をいただきました。めっとX様、ありがとうございました。


----------------------------------------------------

私は、高校生と小学生の2人の子供を持つ親です。
このサイトの絵本の作者様は、とても豊かな感性を持っていらっしゃる素晴らしい方だと思います。
「子供を犯罪者に育てる方法」読ませて頂きました。
ストーリーでは子供の教育の悪い見本が良く表現されていると思います。
ですが、この絵本が、「善悪を厳しく教えたら子供が犯罪者になる」、ことを教唆出来ているとはとても言い難いのではないでしょうか?
何故なら、この絵本に出てくる母親は、色々なことの善悪の、『程度』
や、『その理由』 を何も教えていないからです。
「これは良い」、「これは悪い」、という、善と悪を二つに分別するだけの善悪などはこの世に存在しないと思います。
絵本の中では、
「人殺し」「ごみを散らかす」「タバコを吸う」「お皿を割る」
という4つの、悪いこと(?) が登場します。
「人殺し」 の善悪の程度は、理由により様々だと思いますし、
「子供がごみを散らかす」 のは、それだけでは悪とは全く言えませんし、
「タバコを吸う」 は、他人に迷惑をかけさえしなければ、自分の身体に悪いだけであって悪ではありません。ポイ捨ては程度の軽い悪行でしょうけどね。
「お皿を割る」 は、わざと皿を割って人を困らせようとしたのなら悪い子でしょうけど、失敗なら全く悪いことではありませんし、お皿を割った時の母親の叱り方が、人殺しを悪いと教えるときよりも厳しいのは明らかにおかしいです。
一生懸命に善いことを伝えようとするあまり、少しだけ偏った表現になってしまっているのだと思えます。
もしかしたら、それも含めて良い教材にと考えていらっしゃるのかも知れませんね。
色々と意見を言ってしまいましたが、この絵本は、子供にとって、とても良い教育材料になると思います。ありがとうございます。
  1. 2013/05/13(月) 10:44:20|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

kuroneko様 -子供を犯罪者に育てる法


kuroneko(黒猫?)様から、以下の通り、子供を犯罪者に育てる方法へ、ご感想をいただきました。
kuroneko様、ありがとうございました。

なお、読みやすいように、東郷が日本語タイプをしています。もし間違いがありましたら、ご指摘ください。


--------------
hajimemashite
nihongo ga utenai kankyou nanode yomizurai kato omoimasuga oyurushi kudasai.

watashiha mousudeni seijin shi kako wa kako de kubetsu wo shite wa imasuga
watashi no haha wa masani zen aku dake wo oshieru oya desu.
ima demo, tatoeba asa haha yori osoku okireba "warui", keitai den wa wo machigatte kakereba "warui",
wasuremono wo suruto "warui", souiu kangaekata shika dekinai hitonanode
watashi wa masani kono ehon no kodomono youni sodateraremashita,
watashi wa mou kodomo de wa arimasenga, konoyouni sodateraretanode
hanzaisha ni naruno deshuoka.


---以下、日本語タイプしなおしました----------


はじめまして
日本語が打てない環境なので、読みづらいと思いますが、お許し下さい。

私はもうすでに成人し、過去は過去で区別をしてはいますが、私の母はまさに善悪だけを教える親です。
今でも、例えば朝、母より遅く起きれば、「悪い」、携帯電話を間違ってかければ、「悪い」
忘れものをすると「悪い」 そういう考え方しかできない人なので、私はまさにこの絵本の子供のように、育てられました。

私はもう子供ではありませんが、このように育てられたので、犯罪者になるのでしょうか。

人を殺すのでしょうか。

とてもとても心配です。どうせどう育てられたかは変えられないのだから、大人になって、いっそ人殺しをすれば、人を殺さない理由はありませんよね。

悪い悪いといって育てられ、私は悪くないと何十年もかけて、乗り越えてきたのに、今、こうして偽善者のように、笑顔をふりまき、素晴らしい絵本であるかのように、発表なされて、私はとても大きな声で、「おまえこそ悪い人間だ、殺人者になるだろう」と言われているみたいです。

吐き気がします。


hito wo korosu no deshouka.

totemo totemo shinpai desu.

douse, dou sodateraretaka wa kaerarenainodakara,
otona ni natte, isso hito goroshi wo sureba hitowo korosanai riyuu wa arimasen yone.

warui warui toitte sodaterare, watashi wa waruku nai to nanjuu nen mo kakete
nonikoete kitanoni
ima, koushite gizensha no youni egao wo furimaki subarashii ehon de arukanoyouni
happyou nasarete, watashi wa totemo ookina koede 'omae koso warui ningenda, satsujinsha nia narudarou' to iwareteiru mitaidesu.
hakike ga shimasu.

  1. 2011/08/06(土) 00:56:18|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マシン的生活様 -子供を犯罪者にする方法


マシン的生活というブログで、以下の通り、私どもの絵本「子供を犯罪者に育てる方法」をご紹介くださいました。

ありがとうございました!!

⇒マシン的生活へ

-----------引用------------------


最近理由があって、青少年の非行を調べていました。
そしたらこんなサイトがあり、なるほど・・・・と思いました。
子供を犯罪者に育てる方法!

折しも、秋葉原17人殺傷事件の公判が行われ、被告の口から語られた様々な事が詳細に紹介されていました。
秋葉原17人殺傷事件!公判!

私は最後まで読みましたが、本当に愛情に恵まれずに生きてきた事がよくわかります。
チラシに食べ物をあけて食べさせるって、自分の子供にどうしてできるの?
まさに、この両親は子供を犯罪者に育て上げたのだと思います。
母親だけのせいじゃない。父親もいるわけだから、両親のせいです!


毎日毎日、虐待で死んで行く子供たち。
殺されてしまう子は犯罪までいかないけれど、殺されなければ犯罪者になってしまう。
人間は、動物よりも下等なのか・・・。
私に出来る事はなんだろ・・・・。

  1. 2010/07/29(木) 01:39:49|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヨッシー様 -子供を犯罪者に育てる方法


ヨッシー様から、絵本「子供を犯罪者に育てる方法」へ、以下の通りご感想をいただきました。
ヨッシー様、ありがとうございました!!

------------------------------


 子どもを犯罪者に育てる方法の感想です。
 まず、タイトルにびっくりしました。子どもを犯罪者にしないためには・・・とかでしたら
 見ようと思わなかったでしょう。
  難しい理屈を文章で説明されるよりも、絵で表現されますと非常にわかりやすく
 我々が日常子どもに接している言葉がそのまま描かれてあってドキッとします。
 子どもを教育しなければという気持ちが強くて、ついつい上から目線で悪いところを
 あげつらい叱ってばかりです。
  毎日あくせくしていて、子どもに丁寧に対応する余裕がなく、子どもが纏わりついてくるとイライラすることもしばしばです。
  でも親の価値観を上から押し付けるのではなく、子どもに分かる言葉でコミュニケーションしていくことが大切だよ、と言うことを頭の隅に置きながら子育てしていくことが大事なことだと思いました。
  1. 2010/03/05(金) 17:50:15|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒロシ様 -子供を犯罪者に育てる方法


ヒロシさんから、以下の通り、絵本「子供を犯罪者に育てる方法」へ、ご感想をいただきました。
ヒロシ様、ありがとうございました。
・・・もし、ご参考になれば、幸いです。(^^)

----------------------------------------------------
初めまして
私立大学2年のヒロシと言います。

絵本「子供を犯罪者に育てる方法」を読ませていただきました。
非常にわかりやすく簡潔な絵本で良かったと思います。
コメント下手で申し訳ありませんが…
絵本作成の課題があるので参考にさせて頂きたいです
  1. 2010/01/25(月) 14:44:46|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CodeNanber_98様 -子供を犯罪者に育てる法法


CodeNanber_98様から、以下の通り、絵本「子供を犯罪者にする方法」へ、ご感想をいただきました。
CodeNanber_98様、ありがとうございました!!

----------------------------------------------------
驚きました。まさか「犯罪者に育てる方法」というのだから。印象に残ります。
僕は、最近問題のあった、うるま市内の高校に通う一年生です。今回は、暴行
事件を発端として市内の各学校から少数の学生が集まって話合いをするそうです。市長・議会議長・教育長も来るとの事です。
学生の中から「命の大切さや思いやり」をテーマにして、意見を出すとの事です
が。僕も意見を作成する内の1人です。これをきっかけに青少年の事件を見ていきましたが。あまりにも悲惨なもので心が痛いです。どうしてここまで至るのか。僕はとても疑問に思うのですが。一体、何のためにこんな集会をするのかとてもよくわかりません。また、今回の暴行事件が起きた時の教育委員会の対応はアンケートするなど僕が見る限りこんなことしてなんの意味があるのか。としか思えません。先生はこの件についてどう思われますか。
  1. 2009/12/12(土) 16:22:19|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中学3年の男子様 -子どもを犯罪者に育てる方法


中学生の男の子から、以下のメールをいただきました。
ありがとうございました!


----------------------------------------------------
僕は中学3年の男子です。
僕は昔から母には厳しくしつけられてきました。
だからテストでも勉強でも部活でも
いい成績を残さなければいけません。
そうしなければ母に叱られます。
できるだけため込まないようにしていますが
そろそろ思春期に差し掛かりました。
母に苛々してしまったり、ストレスがたまったりします。
この少年のように自分の意見に反対されたりすると
どうしても母を憎く思ってしまいます。
父と母の期待に応えたいのですが、なかなかうまくいきません。
そんな自分にもイライラしてしまっています。
そろそろ受験も近いので、父と母の期待が一気にかかります。
僕はストレスで父、母にあたりそうで怖いのです。
僕はどうすればいいのでしょうか。

えっと、タイトルおかしいと思ったので
直したほうがいいんじゃないですか?
「子供を犯罪者に育てる方法」ではなく、
「子供を犯罪者に育ててしまう方法」のほうがいいと思いました。

長々とすみません。
  1. 2009/11/12(木) 18:36:47|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

きこ様 -子どもを犯罪者に育てる方法


きこさんから、絵本「子どもを犯罪者にする方法」に関連して、以下のメールをいただきました。
きこ様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
私は、自分の子育てに自信がありません
いつも、これで良いのか?と自問自答してこれまでやってきました。
親ってこんなにも、子供の成長を左右するのでしょうか?

考えてみても、私の親は忙しくあまり子育て熱心ではなかったが?
私の周りもそうだったかも

母親業は子供が何歳になっても開放されないのかな?
  1. 2009/07/13(月) 09:31:16|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[〕