ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想文:絵本「パブロフの犬」:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

志情(しなさき)の海へ 様 -パブロフの犬


志情(しなさき)の海へ というBlogで、以下の通り、パブロフの犬をご紹介いただいた。
ありがとうございました。

-------------------志情(しなさき)の海へ-------------------------


http://www.j15.org/Picturebook-Pavlov/ ←パブロフの犬を検索するとこのサイトが出てきた。短い寓話風のアニメ映像もたくさん紹介されていて、この地球社会のありようを風刺している。鋭く、ひやりとするテーマが並んでいる。
  1. 2013/10/01(火) 10:36:10|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マルヤマ様 -パブロフの犬


マルヤマ様から、以下のメッセージ・ご意見をいただきました。
マルヤマ様、ありがとうございました。m(--)m  
どうぞ他の絵本へも、ご感想をいただけると幸甚です。^^


----------------------------------------------------
私は条件反射療法(PCRT)という治療法を取り入れているカイロプラクティックの治療家です。
絵本を読まさせていただきました。
考え方というのはその人の哲学によって違うし、その考え方とその反応である条件反射はその人の学習した内容(刷り込みを含む)によって変わってくるから難しいことですね。
しかし、難しいけどとても大切なことだと私は感じています。
条件反射は学習によって変わってくるので人によって良い方向にも悪い方向にも操作されてしまう可能性があるからです。
どんな嘘にも真実が含まれています。
そして真実をつなぎ合わせていくと嘘が生まれてきます。
これは私の考えなので人とは違うかもしれません。
人(動物)の行動はほとんど条件反射によって行われています。
それはより良く生きるために備わっている動物の本能です。
そして条件反射は学習によって強化されます。
パブロフの犬は動物の本能の摂食行動を条件反射付けたものです。
条件反射で最初に働くのは本能です。思考ではありません。思考レベルまでいく場合は本能の条件反射を意図的、もしくは無意識のうちに条件反射付けさせられたものです。
人の条件反射の本能的なものでとても重要なものに防衛反応、恐怖への防衛反応があります。似たような反応に闘争本能もあります。
しかし私は闘争反応より防衛反応のほうが先に働くと考えてます。
犯罪を見たとき、なにか悪いことを見たときなどを見たとき人が先に反応するのは防衛反応で身を守る行動に移そうとすると思います。
そしてそういうことをする悪い奴らには罰を与えてやらなくてはいけないという情報をどんどん刷り込んでいくことによって罰を与えなきゃという条件反射が形成されてきます。
この絵本ではこういう条件反射がよくないですよといっている意図はわかるのですが私がこの絵本を読むと「罰をあたえなきゃ」という条件反射をどんどん刷り込んで言っているようにかんじてしまいます。
違う例えを使ったほうが良かったのではと感じました。
感じたままを書いてしまいました。失礼しました。
  1. 2011/02/23(水) 15:58:14|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Filler様 ―パブロフの犬 見えない危険


Filler様から、「パブロフの犬」「見えない危険」に関して、以下のご感想・ご意見を頂きました。
ありがとうございました。

-----パブロフの犬-----------------------------------------------
 悪と聞いただけで怒り出すとはすごく単純な人間ですね。
まるで、アメリカと聞いただけで「米帝打倒」と叫びだす人。
自民と聞いただけで「政権交代」と叫びだす人。
「中国」と聞いただけで「日本の過去の悪行を・・・・・・」と語りだす人。
「革新」と聞いただけで「応援しなくっちゃ」と言い出す人
「政府」・・・・・・    「悪」
「自由競争」     「暮らしを破壊する」

 もっと社会を見ましょうよ。理想には程遠くても、それなりに幸せを掴んでいますよ。


-----見えない危険-----------------------------------------------
そうか、左翼の人達はそんなメガネを掛けていたのか。
  1. 2009/08/07(金) 22:27:40|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

sarai様-パブロフの犬


saraiさんから、私どもの絵本「パブロフの犬」やその他の絵本集に関して、以下の通りご感想・メッセージを頂きました。
深い示唆に富むお話、ありがとうございます!

今後とも宜しくお願いいたします。m(--)m

----------------------------------------------------
こんにちは。GOOサイトからネットサーフィンして来ました。
"パブロフの犬"の意味は、最初よく分かりませんでしたので、他の絵本も拝見してみました。が、最初は何となく、怒りのような感情が沸いてきました。
私は3年前に洗礼を受けたクリスチャンであり、聖書を勉強していました。
聖書では、"善と悪"について教えています。だから善悪を勉強することはとても良いことだと思っていました。
夜、寝ながら聖書と"平和の絵本"のことを考えていました。
そして、聖書でアダムとイブが最初に罪を犯した時のことを思い出しました。彼らはパラダイスでとても幸せに過ごしていましたが、神様から"善悪を知る木"から実を取って食べてはいけない。と言われてましたが、悪魔に唆されて食べてしまいます。(もちろん筆者もご存じだと思いますが)
彼らは、裸でいることが罪であると感じ、そこから坂道をころがるように人間の罪が増えていきます。
つまり、神様が言いたかったのは、善悪は存在するけれども、人間がそれを知って判断してはいけない。ということだったのだと思います。
神はユダヤ人に,守るのが難しい"十戒"をあえて与えて、ユダヤ人がお互いに裁き合い、殺し合うことを許しています。それも、あとから来るキリストが"戒律よりも愛が大切だ。"ということを、善悪を知ってしまった人間にあえて教えるためだったと思います。
現在たくさんのキリスト教の宗派、教会があり、私もいろいろな教会に行きましたが、"人間が善悪の判断をしない方が良い。"ということを教えている教会にはあったことがありません。
牧師さんからは聖書に基づいて、してはいけないこと、した方が良いこと、を礼拝で教えていただきましたが、正直、それを知れば知るほど、人間は人を裁いたり、善悪の観念のためにがんじがらめになったりしてしまいます。
1年間聖書を学び、教会へ通い続けましたが、それよりももっと貴重なことをこの絵本から学ぶことができました。
私自身、私と(周囲を)苦しめていたものの正体が何かを気付かせていただきました。本当に目からうろこです。
現在海外在住のため、著書を読むことができないのが残念です。
これからも"平和の絵本"サイトへたびたび立ち寄らせていただきます。
ありがとうございました。
  1. 2009/01/11(日) 11:08:02|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

vivasanta様 -パブロフの犬


vivasantaさんからメールをいただき、以下の貴重なメッセージ・ご意見を頂戴いたしました。
vivasantaさんは、現役教師をしていらっしゃるとのこと。現場でご苦労されてる方のご意見は、大変に参考になります。(^^)

vivasanta様、ありがとうございました。M(--)M


----------------------------------------------------
こんにちは、興味深く貴ウェブサイトを見させていただきました。
提案をさせていただきます。
パブロフの犬のメッセージと絵に加えて、’こうしたらよくなる!バージョンの作品を制作なさってはいかがでしょうか?たとえば犬が食事のときずっと離れていっておすわり状態で待っているとき、”Good Dog" といって小さなえさをあげたり、子供がちゃんとかたずけをし始めて、そこで”おりこうさんですねー”などとそのふるまいをほめる。これをし続けると、いつでもよいことをしようという意識がでてきて最後にはよいことのみしか関心がない。
私は教師の職についておりますが、毎日子供たちのなかで感じるのが、ふるまいや行動を直そうとする教師の行動や処置への疑問です。現在働いている学校では、クラス中になにかうるさくしたり、きいていなかったりすると、教師が名前を書き、その注意が3回起こったら、その子はなにか罰を与えられる。たとえば給食の時間に来てノートに反省文をかいたり。これは決してその子をよくするためにはあまり効果的でないと思うのです。多くの子供がこのシステムになれて育っているので、少しくらいのことではひるみません。どうせ3回起こったら何だから、2回までやってやる、みたいな感じなのです。そして結局反省して、誤りの文をかいたとしても少したつとまた同じなのです。そしてまた反省文を書き、10分間一人でそうじさせられたり、と繰り返し。
そこで私としては子供のよいところをみつけてほめる、ということに徹底するのです。が、まだまだ経験浅い身分ですし、やっぱり同じ子供が、同じような態度をくりかえします。そうすると授業の邪魔になるので、どうするか、というときに教師側はそのシステムをもっとはやく使って、その邪魔な子供を教室からだすようにしなさい。というアドバイスなのです。ここでわたしは矛盾をどう解決するするのか毎日考え続けてます。
犬の教育でもたくさん学んだことを子供にあてはめたりして。
犬では成功したのですが(笑)、人間の子供はまだ成功への階段をゆっくり歩き始めたところです。
あと感じるのが、教育は自分の感情をコントロールすることがとても重要です。生徒がなにか弾みでいったこと、したことにすぐ反応すると、よくあとで”あーもっと落ち着いて言えばよかった”なんてことがあります。これも条件反射なのです。売り言葉に買い言葉じゃないですが、言葉のもつエネルギーはすごいです。
長々となってしまって申し訳ありません。
それでは日々お仕事お疲れ様です。

  1. 2008/07/23(水) 20:13:01|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

nacker 様 -パブロフの犬


nackerさんから、パブロフの犬を読んで以下の感想文、ご意見をいただきました。
nacker様、ありがとうございました。

-----------------------------------

最近読んだ本で「自分の小さな箱から脱出する方法」というのがあります。
自己欺瞞のメカニズムについて分かりやすく書いてあるのですが、
それに通じるものを感じました。

その本に例として書いてあったのは、赤ちゃんのいる夫婦の例。
赤ちゃんが夜泣きをした時に疲れている奥さんを思いやり
自分があやしてやろうと思ったけど、やらなかった旦那さん

自分の気持ちを裏切ってしまった旦那さん。
そこで起こる心の変化は自分の正当化と悪者の創造。
自分が正しくあるためには、誰かが悪くなくてはならない。

自分が正しくあるための理由を挙げると
眠りを妨げられた被害者
仕事でとても疲れている
明日も朝早い
家庭の為にこんなにもがんばっている自分。

奥さんが悪くあるための理由として
怠け者
思いやりが無い
自分を評価していない
鈍感

と、このよう自分の感情を裏切る前とは違う目線で物事を見るようになる
そんな例を挙げてわかりやすく書いてありました。

それらを通して本当は正義も悪も無くただそれぞれの事情を持った
人対人でしかないのだ、と思っていたところです。

その辺思いつくたびに自分のブログに書いたりしてましたが
同じような考えの人ここにも発見!と嬉しく思いました。
目指せ!世界平和!!

あ、ちなみにブログは↓
http://blog.livedoor.jp/m-84_08950/
  1. 2007/11/23(金) 14:09:17|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野崎 様


MIXIのコミュ、[学校と子どもを考える集い] トピック(MIXI会員でないと読めません)にて、野崎様に、絵本「パブロフの犬」-条件反射の心理‐をご紹介いただきました。
「ちょっとおもしろいサイトを紹介します。善悪で子どもにモラルを叩き込む作業で、「なぜ?」を抜いて短絡的に行えば、このようになるという一例をマンガで描かれています。良かったらご覧ください。 」
というコメントもいただきました。

また同コミュニティで、takaさんにも、「面白く読ませて頂きました。ご紹介ありがとうございます。 僕がここで言っていることとほぼ同じ事を提示されているので驚きました。 「善悪二元論」は、僕は「善悪二値論」と表現が違うぐらいでしょうか? 」とのご感想をいただきました。

ありがとうございます。M(--)M


  1. 2006/10/31(火) 17:12:53|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Will 様


MIXIのwillさんの日記で、厳罰化とパブロフの犬、というテーマで(飲酒運転、ひき逃げ、駐車禁止など、厳罰化が進むことの関連で)、私どもの絵本、パブロフの犬をご紹介いただきました。

日本の社会には、和の伝統があり、宗教の問題も少なく、もともと善悪中毒の罹患者は少ないと思うのですが、このごろ、どうも善悪中毒への感染が広がっている、という印象、僕にも有ります。
ちょっと不気味ですね。^^;

罪を憎んで人を憎ます。水清ければ魚住まず。―など、日本には、善悪中毒のワクチンにもなりうる、素敵な格言もあるのですけど…

実際、善悪中毒は、世界ベースでは、今、どんどん顕著になってきていると観察しています。どうも、その影響が日本にも及んでいるのかも知れません。善悪中毒は麻薬中毒と違って、人から人へ感染するので・・・

僕としても、運動を発展させたいこともあり、「善悪は危険です」「善悪に中毒していませんか」といった有料広告まで出し(グーグルやYAHOOで広告を出しています)、善悪中毒の感染拡大を食い止めようと、精一杯、頑張ってはいるのですが・・・

日本を運動の基地・基盤にして、世界へワクチンを、という戦略を立てているのですが、肝心の日本がしっかりしてくれないとね。^^;


何はともあれ、Will様、ご紹介、ありがとうございました。M(--)M

Willさんの日記(MIXI会員でないと読めません)

以下、引用いたします。

-------Willさんの日記から-------

厳罰化とパブロフの犬

条件反射が狙いか…

飲酒運転・ひき逃げはマスコミも
大々的に取り上げて厳罰化が進んでいます。
統計的にみてどうなのか凄く疑問です。
(飲酒運転はバブルの頃凄かった。)

駐車違反も
今まで見逃されてたのが通らなくなったので、
実質的に厳罰化ですね。

その他の罪も、治安維持の名のもと厳罰化傾向にあるようです。

一般的な罪の厳罰化の狙いは
概ねこういうことかなぁと思っています。
http://www.j15.org/Picturebook-Pavlov/index.html
↑よみやすい絵本 おすすめ!

>そして、その支配は、善悪の錯覚とあいまって、
>何千年もの間、様々な悲劇を生み、
>幾億もの人々を犠牲として来たのではないでしょうか。





  1. 2006/10/04(水) 22:11:37|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad