ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想文:絵本「良い子にならなきゃ」:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

CQ様 -良い子にならなきゃ


CQさんから、以下の通り、絵本「良い子にならなきゃ」へご意見・ご感想をいただきました。
「良い子にならなきゃ」へのご感想を頂いたのは、久しぶりです。^^

CQ様、ありがとうございました!


----------------------------------------------------

もうちょっと複雑になると思います
善と悪を決めた時、悪だとレッテルを張られて側は最初は自分は善だと抗議するでしょうが
それは短期で終り、本当の悪になります
悪者扱いしていると人は本当の悪になります
正確に言うと人に気を使う事をやめます
そのうち些細な事で取り返しの付かない事をしてしまいます

世間はどっちかを善どっちかを悪と決めます
悪にされた側を世間は一斉に攻撃します
魔女裁判と同じ様に
すると、自分以外の多数の人が自分を敵にするのですから
その人全員相手に自分は正しいと主張するのはとても馬鹿らしいと思います

絵本でこの人とこの人とこの人が悪いと分けられていましたね
実際は、この人一人が悪いとみんなで攻撃します
その悪人を無事やっつけた後は、今まで善として分けられていた中から一人批判されるような点を見つけて、悪を罰します
そうやってどんどんと
だから、自分を善だと思っている人から悪になります
悪を罵倒している人たちがいつか自分もその悪として攻撃を受ける事になるのです
悪を罵倒している人はその事気が付かないので盲目であるかのように攻撃します

まずは相手(悪)を尊重して信用する事ですね
なんでもない相手を陥れたりなんてしないのだから
でも悪者のレッテルを貼り付けて来る人には落としいれようとする
陥れると本当の悪になる
  1. 2011/06/13(月) 21:22:36|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キキ 様 ― 良い子にならなきゃ


キキさんから、絵本「良い子にならなきゃ」へ、以下の通り、感想文をいただきました。
過分のお言葉、ありがとうございます!
今後とも宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------
はじめまして、あらゆる学問に興味のある者です。
恐怖というカテゴリーでインターネット検索をしていたらこの絵本にたどり着きました。
素晴らしい絵本だとおもいます。全くその通りですね。私もこのような経験があります。自分が正しいと言い続けてほとんどすべてを失ったこともあります。そのときは自分の目の前のことしか見えていませんでしたね。自分が見えていないのですね。白か黒かじゃなくて、両方あってもいいのにそれがわからないのですね、そこにはまっていたら。
とても素晴らしい絵本だと思います。ありがとうございました。
----------------------------------------------------
  1. 2009/07/20(月) 23:17:33|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

長根兆半様 -良い子にならなきゃ


長根様から、絵本「良い子にならなきゃ」へご感想・ご意見を頂きました。
長根様からは、他にもいくつかご感想や詩を頂戴しています。
長根様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
「イイ子にしなさい」・・・「悪い事しちゃ遺憾」
まぁ誰でも親なり先輩なりから言われて来た事だろうし、言ってきた。
日常的な事だ。
絵本「良い子にならなきゃ」では、見た目で決めてしまっている。
あるいは決める人の好みで決まってしまっている。
台詞それ自体に対しての応えは、全て『はい』でしかない。
しかし、時と場合によって変わりはしないか?
火災に見舞われている家から物を運び出す時、常に物を運ぶ時はこのようにしなさいと教えられていた人が、丁寧にカバンか風呂敷に包んでから運ぼうとしているとする。それこそ、もたもたしていたら焼け死ぬかもしれない。
女性が誰かに襲われている。
通行人に正義感があって、女性を助けた。
ところが相手の男の腕を折ってしまった。パンチも見舞った。
喧嘩は遺憾、暴力は遺憾と綺麗事を言っていたらどうするか?
ま、少し極端だったかもしれないが、よくあることだと思う。
西洋には神父の服を着たいい子ずくめの人が、自分が姦通した女性が妊娠すると、魔女として絞首刑、焼き討ちにしていた。自分の不義密通を隠すためであった。と伝えられている事はすでに歴史が語っている。
日本のアイドル女性は、お子チャマ言葉と言うのを使うらしい。
イイ子ぶりっ子などと言う言葉もあった。
戦争当時は、人殺しがいい子で、戦争反対は悪い子にされた。
つまり、イイ子ワルイ子の判断は、時代や環境の変化によって変わる。
言い換えれば、普遍性が無いと言う事になる。
どんな時代や環境の変化にも耐えうる価値基準というのが欲しい。
  1. 2009/04/07(火) 09:34:58|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ティータイム♪ 様  -良い子にならなきゃ


ティータイム♪ というブログで、平和の絵本をご紹介くださって、,「良い子にならなきゃ」へのご感想を以下のように書いていただいているのを発見しました。

ティータイム様、ありがとうございました。

-------------
この本を読んで「善悪」の考え方が変わりました。
いつのまにか「よいもの」と「悪いもの」に分けていた自分。

テレビのアニメもゲームも「悪者」がいないと始まらない。
でもほんとにやっつけちゃっていい「悪者」っているのだろうか・・・

小さい子にはついわかりやすく、これはいい、これは悪い、と教えてしまう。
でも自分が「悪」と思うことにも意味があり、自分とは違う視点の考え方がある。
「悪者」をみつけて排除するのではなく、なぜ「悪」とされてしまうのかを考えること、
「怒り」や「悲しみ」も受け入れて前に進む道があるということを教えてあげたい。
・・・というか、共に探していきたい。

自分の中で分かれてしまうものがあるとすれば、「善」と「悪」ではなく、
私自身が「理解できるもの」と「理解できないもの」かな・・とふと思いました。
あ、なんだか課題が増えちゃった・・

「良い子にならなきゃ!」平和の絵本より
http://www.j15.org/index.html

  1. 2008/08/23(土) 19:35:26|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カテゴリーの説明 ―感想文:絵本「良い子にならなきゃ」 


感想文:絵本「良い子にならなきゃ」について(カテゴリートップ頁)

このカテゴリーでは、善悪や地獄という脅しから生じる恐怖がいかに人を凶暴化させてしまうか、恐怖と暴力の心理を描いた絵本「良い子にならなきゃ」への読者感想文を発表しています。

絵本トップ頁

恐怖の心理絵本「良い子にならなきゃ

「良い子にならなきゃ」;地獄の恐怖と暴力の心理を描く絵本です。


  1. 1970/03/19(木) 14:48:09|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕