ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

あめり様 -罰とイジメと自殺のロンド


あめり様から、以下の通り、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」に関連して、メールをいただきました。
あめり様、ありがとうございました。



----------------------------------------------------
私はまったく同じような状態で会社を辞めました。

だけど、次に、家で子供がいるのに無責任だ と家族から疎まれています。

大学に入学した娘がいるのに、家族は私一人に責任を押し付けます。母親だから。

母は、双極性のうつ病を12年患っています。7年前ようやく診療を受けてくれるようになりました。
しかし、ハイテンションの時は、会社まで電話がかかってきます。
父は、いっしょにうかれたり、じめじめしたり、

私は仕事、母親安定して生きていたい。

両親は私がわがままだといいます。

今死んでしまうと、娘が大学やめなければなりません。
両親は、娘の大学進学を望んでいませんでした。
母子家庭の一人娘、生きるすべを身につけさせたい。娘は理解しています。
そのために頑張って勉強し、資格をとるつもりです。

予備校のお金、受験のお金、進学のお金、すべて私が工面しました。
それでも、憎まれます。

頑張って就職活動をし、働いて、地道に生きていたいです。
隠れ場所がほしい。

  1. 2013/07/22(月) 11:22:42|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛梨様 -罰とイジメと自殺のロンド


愛梨さんから、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ以下のご感想をいただきました。愛梨様、ありがとうございました!


----------------------------------------------------
首吊りをした子はわるいんじゃないかな?
(また、叱られるから)独りで遊ぶっておかしい!
叱られるから、皆で遊ぶんじゃないの?

ただ、勝手に死んだだけじゃない!?
苛めとも思えない!

首吊りした子は弱虫だわ!
  1. 2012/03/25(日) 22:36:10|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

niko様 -罰とイジメと自殺のロンド


nikoさんから、学校での虐めと絵本「罰とイジメと自殺のロンド」に関連して、以下のようなメールをいただきました。
niko様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
5年生の女の子を持つ親です。5年生26人しかいないため、6年間同じクラスで学校生活を送らなければならない中、1年の後半から1人の男の子が男女問わず言葉の暴力、仲間はずれなどのいじめをうけています。
学校懇談会でいじめの話は出ましたが、真剣にクラスのいじめをなくそうと考えている保護者が少ないことにびっくりし、いじめをしている子供ではなく、まずは親から真剣に考え子供をきちんと指導することができるようにしないとならないと感じました。でも、一人ひとり考え方が違う中、みんなが同じ方向を向くのはとてもたやすいものではなく、実際には何もできないのが現状です。
「罰とイジメと自殺のロンド」を読んで、子供たちみんなにも見て読んでもらい何かを感じてもらうだけでも良い方に進んでもらえるのではないかと思いました。ただ、自殺という言葉が使われているので、単独で子供たちにみせるわけにはいきません。担任などと相談しながら使わせていただこうと思います。
  1. 2011/06/16(木) 19:16:55|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かおり様 -罰と虐めと自殺のロンド


かおりさんから、絵本「罰と虐めと自殺のロンド」に関して、以下のメッセージをいただきました。
かおり様、ありがとうございます。

----------------------------------------------------
この絵本の展開がおかしいし、悪意を感じます。
とても子供にみせる本ではありません。
  1. 2010/10/10(日) 14:48:51|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ようこ 様 - 罰といじめと自殺のロンド


ようこさんから、絵本「罰といじめと自殺のロンド」に関して、以下のようなメッセージをいただきました。
ようこ様、ありがとうございました。m(--)m

----------------------------------------------------
 拝読いたしました。
 今日は第二次世界大戦64年終戦記念日であり、在住国イタリアはFERRAGOSTO(フェッラゴーストと言って、聖母マリアの被昇天大祝日)。現在日本の若者たちの中で本日の記念日を意識する率は低下しているとのこと、此方でも宗教的な祭日意識は薄れ単なる休日のように過ごすことが普通になっています。
 兵器での戦いが身近にあるわけでもなく、報道を通して見たり聞いたりする現実の戦争の様を知るに過ぎません。平和な環境の中に浸りきっていて、それがごく当たり前でもあります。世界的経済不況の風吹く中で。

 さて、本題の絵本『罰とイジメと自殺のロンド』、ほんの一例に過ぎないのでしょうが日本にはこのようなケースが山ほどある今日。心身ともに成長盛りにある子供たちは不安定で、なにかと問題を抱いているのは過程にあり、当たり前です。この過程をリードしていくのは学校では先生、家では親が普通で、今昔同じ。今日は、行動への可能性の容易さも加速して、頭に描く瞬間的なネガティブな感情を容易く行動に移す結果が個人的にも社会的にも総合的にマイナスを生んでいるのではないでしょうか。
 何とか食い止める必要があります。勉強を必要とするのは子供たちばかりでなく、先生も親も必要なようです。
 
  1. 2009/08/16(日) 10:15:49|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まい 様 -罰とイジメと自殺のロンド


中学2年生のまいさんから、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ、以下の通り、ご感想・メッセージをいただきました。

絵本を読んで、色々と考えていただけるのは、とっても嬉しいです。^^
まい様、どうもありがとうございました!

----------------------------------------------------
はじめまして
現在中学二年生の吹奏楽部です。
絵本読ませていただきました。
先生が罰を与えるだなんて、
非現実的な物語のはずなのに、やはり現実味があって
不思議な感じです。
あと、同時にぞっとしました。
エスカレートするクラスの暴力。
泣きながら笑って「仲良しです」という例の子。
何より平和口調の語り手。
ページをめくるたび心拍数が上がっていきました。
そして、読み終わった後、「なぜ?…なぜ?」という気持ちが
頭の中で渦巻きました。
何がわからないのか、自分でもわかりません。


それと、あとがきを読んで共感しました。
愛とか友情って、強制的に作るのは絶対に無理なんだなぁって。
お互いの心に動きがあって、初めて芽生えるんだなぁって、思えたんです。
そして、それを守るのも壊すのも、自分自身が決めるとなんですよね。

わたし今、喧嘩中…っていっても勝手にこっちが避けてるんですが。
まぁ、友達がいるんです。
その子、小学校5年生で転校してきたわたしの、初めての友達でした。
それがちょっとしたことで近寄りがたくなってしまって。
ある日とうとう言われました。

「お父さんお母さんがどうにかしてくれるガキの喧嘩じゃないんだ。
たまには自分から謝ったり、話しかけたり…意思表示をしろっ!!!」

ちょっと男っぽく再現してしまいましたが女の子です;
とにかく、そんなことを言われて呆然としてしまいました。
何が困ってるかというと、意思表示っていうのが、私にはよくわかりません。
自分の気持ちを素直に出せません本音が出せません出し方がわかりません。
わたしなりの意思表示…考えて考えて考えて、その結果はというと、
その子といることで、できないことをしなきゃいけないぐらいなら、
その子との関係を終わらせてしまおうと思います。
切り出し方はまだ決まってないし、同じ部活で決心も鈍りますが…



途中から愚痴になってしまってすみません。
絵本、本当にすばらしかったです。
これ送った後、もう一度読もうと思います。
  1. 2009/08/03(月) 02:01:24|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

川本ゆり 様 -罰とイジメと自殺のロンド


川本様から、「魔法のメガネ」へのご感想に引き続き、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ、ご感想をいただきました。

川本様、誠にありがとうございます!

----------------------------------------------------
タイで性別適合手術を受けたMTFです。「魔法のメガネ」にも感想を書かせていただきました。この「罪とイジメと自殺のロンド」を読んで校則や管理教育と全体主義の深いつながりが改めてよく理解できました。つまり、一人一人の個性を無視して協調を強いることが、つまり制裁も伴う校則や制服が集団において基準から外れた個人をスケープゴートにしてしまうメカニズムがよく分かりました。あたしは中学受験の際、「校則も制服のない自由な学校」を受験しました。そこは日本でも最難関の学校でしたが、「受かればワンピースを着て学校に行ける!」と思い猛勉強しました。そこの入試の社会を問題に「なぜいじめが起こるのか」を考えさせる問題がありました。あたしはその時、「勉強とはすべて心を美しくするためのもの」と子供ながら悟りました。しかしそこ学校には受からず、それとは反対に日本一校則の厳しい男子校に6年間「服役」させられることとなりました。ああ、あの時近くの川に飛び込んでいれば!と今も悔やむことがあります。そもそもなぜスカートを性別を理由にはいてはいけないのでしょうか。理不尽な校則や制服を設ける学校(社会)に自殺をとがめる権利や資格
はあるとは到底思えません。この絵本を読んで改めて一人一人の個性の大切さを痛感させられました。


  1. 2009/07/31(金) 01:48:47|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ロン様 -罰と虐めと自殺のロンド


ロンさんから、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ、以下のご感想をいただきました。
ロン様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
イジメとはやっぱりひどいですよね・・・・
だから、いじめは、やってはいけないものだから。いじめをしている人がきらいです。

  1. 2009/01/21(水) 20:34:26|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[〕