ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

感想;絵本集、メッセージ・ご意見:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

斉藤様 ―世界を巡る、攻撃命令


昨日に引き続き、斉藤弘義様から、以下のご感想・メッセージを頂きました。
ありがとうございます!!<(_ _)>

------------

地球なんて広大な宇宙空間に比べれば「ピンポン球」のような大きさだ。ヒトは宇宙空間ではいきられない。ピンポン球の表面で生きてゆくしかない。現在、ネットがピンポン球の表面に張り巡らされている。ヒトはついに電子端末を手に入れた。一個人独立放送局、いや、「一個人独立国家」の誕生だ。近所の人と握手しよう。離れた人とも端末を使って握手しよう。「一個人独立国家」間の「平等同盟条約」の締結だ。一個人独立国家同士が団結し、連帯し、調和してゆけば、最終的に国家は一つだけとなるかもしれない。世界国家の誕生だ。ピンポン球の表面だけが、唯一の国家であるならば「単一世界国家」内の保全のみすればいい。他に敵対国家など存在しないからだ。すべての兵器は使用されるために作られてきた。核兵器も例外ではない。核兵器を使用して単一世界国家を滅ぼすか。核兵器を廃棄して単一世界国家を保全するか。「生」か「死」か。どちらを選ぶのか。個人個人が「唯一独立体」でありながらにして全世界そのものも「唯一独立体」。意識を変えよう。意識の時計の針を千年進めてしまおう。ヒトが発生してから20万年の時が流れた。富の偏在、貨幣経済の成立、国家の誕生。20万年の時の流れ全体から見れば、それらは、ほんの最近の出来事にすぎない。科学技術は飛躍的に進歩している。ヒトを生かすために。あるいはヒトを殺すために。もう時間は余り残されていない。500年待つのか?1000年待つのか?自己の内なる魂を見つめよう。内なる悪を滅ぼそう。その上で自己と他者との間のコンクリートの壁をぶち壊そう。発想を変えれば誰にでも出来ることだ。「一個人=一独立国家論」。意識を変えよう。たった一つのピンポン球の表面で生きてゆくために。国家・民族・宗教の壁を超越して。皆ともに。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/13(日) 13:33:22|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

斉藤様 ―本当に悪いのは誰?


斉藤弘義様から、以下のメッセージを頂きました。斉藤様はツイッターで平和の絵本のWEBのご紹介もしてくださいました。
ありがとうございます!<(_ _)>

⇒斉藤様のツイッターアカウント

---------------


善悪は自分自身の内面にあると思います。誰かと闘うのではなく自己の悪と闘うべきです。
絶対権力者が悪人で、奉仕の心を持っていなければ、その国は悪の国になります。独裁者と呼ばれるでしょう。
絶対権力者が善人で、奉仕の心を持っていれば、その国は善の国になります。独裁者とは呼ばれないでしょう。
「憲法一条(だけ)改正運動」です。日本は立憲君主制です。天皇陛下は悪人ですか?
「世界の恒久的平和」を願っていらっしゃいます。
ぼくは、戦争ばかりのこの世の中がいやで仕方ありません。ぼくは、一般人ですので、右翼教育を受けたことなどありません。でも、「右翼=戦争好き」というのは、大きな誤解です。いわゆる「ネトウヨ」の活躍(?)によって天皇陛下の御心が歪曲されてしまっていることに悲しみを覚えます。
日本は唯一の被爆国ではありません。ある「神道民族派右翼」の方がおっしゃっていました。「私は自民党支持なんて言わない。アメリカ支持なんて言わない。原発推進なんて言わない。憲法九条改正なんて言わない」と。
ぼくは、弱い人間です。(先天的な病気を患っています)。言い争いなんかしたくありません。
ヒトが持っている「共感性」に期待しています。
世界の恒久的平和実現のために。時間は余り残されていません・・・。

  1. 2018/05/12(土) 11:24:56|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

このサイトとの出逢いに感謝です -メッセージ


林様より、以下の通り、メッセージを頂きました。
食の大切さ、おっしゃる通りですね!

ありがとうございました。<(_ _)>

--------------

■件名
このサイトとの出逢いに感謝です

■メール内容
はじめまして、林 佑香(ゆか)と申します。
発酵食などの料理教室をしております。
絵を描くことが好きなので、子供にわかりやすいように食べ物のことを絵本にしたいと思っています。

たまたまインターネットで「平和 絵本」と検索していたらこちらのサイトが出てきました。
すぐにとても温かく優しく愛に溢れていると感じ、拝見させていただきました。

私は以前父に毎日ご飯を作っていた時に、父が体調を崩しました。
父は外食もしていましたが、私の作った食べ物で体調を崩してしまったのかもしれないと、大好きな父に大変なことをしてしまったと、そこから健康食の探求が始まりました。

家族や友達、恋人に対して持つ当たり前の愛を、ほかの人に対しても持つのが当然だと考えている私は、毎日のように起こる事件が信じられなくてたまりません。
理由はなんなのだろうと、本気で考えてます。私なりに出した答えは食です。
愛のあるものを食べていないんだと思うのです。

温かいごはんとおみそ汁を食べて、心から満足して「さぁ!人をころすぞ!」とはならないはずです。
もっともっと愛のある食べ物がこの世に溢れますように、
そしてその食べ物がすべての人に行き渡りますようにと願っています。

こういうステキなサイトが、より多くの人に広まればいいなと思います。
勝手に一方的に書いてしまいましたが、お読みくださりありがとうございました!

また遊びに来ます。
  1. 2018/04/25(水) 16:53:30|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とっぱっぱ様 -PDF一覧


とっぱっぱ様より、PDF一覧が必要ではないかとのご意見を頂き、PDF一覧を本体サイトのサイトマップへ追加いたしました。
ご意見を頂くまで、全く気づきませんでした。とっぱっぱ様、ご指摘ありがとうございました。m(_ _)m

----------

PDFファイルへのリンクは、各ツアー毎になっているようですが
一括ダウンロード或いはPDFファイル一覧&リンクは
ないのでしょうか?

PDFで読みたい場合に、ページを一々確認する必要があり
重複or確認漏れが発生し大変手間が掛かるかと思われます。

以上です。
  1. 2017/08/19(土) 10:53:52|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オカモツ様 -罪、罪を償うと言う言葉のイメージについて


罪、罪を償うと言う言葉のイメージについてお聞かせしてくれとお願いしたところ、オカモツさんから、以下のご回答を頂きました。
大変参考になります。オカモツ様、ありがとうございました!<(_ _)>

-----------

ツイッターから来ました。
罪、罪を償うという言葉のイメージは自分からすると、
あらゆる人間の悪の部分を「美化」しているというイメージがありますを
なんか「罪」と認めた時点でその人は赦される、罪を償った結果、
さらに「善」に向かうみたいな感じです。
  1. 2017/08/10(木) 00:31:46|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

純市様 -絵本「恐怖は愛を消す」


純市様より、新作絵本「恐怖は愛を消す」へ、以下のご感想文をいただきました。
とても励みになります。ありがとうございます!!<(_ _)>

---

わかりやすい絵本を作ってくださってありがとうございます。
恐怖は愛を消すは、愛国心のみならず、日頃の生活や仕事の中でも同じことが言えますね。
知らず知らずのうちに本来の姿が見えなくなっていることに、改めて気づかせていただきました。仕事場や家庭内でもこの絵本を活かしていきたいと思います。
ありがとうございます。

  1. 2017/08/02(水) 20:16:43|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

tera1346様 -罰は倒産・失業・裏支配を生む


tera1346様より、新作絵本「罰は倒産・失業・裏支配を生む」に関連して、以下のメッセージを頂きました。
過分なお言葉、光栄です。 tera1346様、ありがとうございました。<(_ _)>

------------
絵本を通じてあなたが言いたいこと、よく理解できました。「裏支配」という言葉、まさしくその通りだと思います。かくいう私は、今まで「罰」をそのようにとらえたことはありませんでした。罰を悪用する人間さえいなければ、そんなことはないのでしょうが、現実は違うのですし、確かにあなたがおっしゃる通りですね。
話は変わりますが、「テロを憎む」ためにそれを取り締まる。確かに、目の前の犯罪を防ぐための近道だとは思いますが、それだけでは、テロをなくすことはできない、と前から考えていました。その原因を考え、対策する。おっしゃる通りですよね。でも、誰もそうしようと考えていないように思っていました。が、あなたは違うのですね。目に鱗です。63歳にもなって、そんなことへの気づきもありませんでした。でも、今のアメリカは、「武力だけが平和を守る」と主張していますが、何か変だな、とは思っていました。一時的に力で抑えてみたところで、結局は同じことの繰り返しになるのではないか、と。なぜ、金正恩はあのような乱暴なことばかりするのか、を考え、理解して初めて、次のステップに進むことができると。IS国に日本人の人質が殺害された時も、IS国が何でそんなことをするのかを考えるのは、相手を認めることだから許されない、と。違いますよね。相手を知るのは、相手を認めるのではなく、その原因を知り対策を考える、ことにつながるからですよね。
あなたのWEBをみて、真の平和について、考え始めたいと思っています。気づかせてくれて、ありがとうございます。

  1. 2017/04/20(木) 13:28:23|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

弁護士の小池様 -誰が為の競争


東京の小池様より、絵本「誰がための競争」へ以下のご感想をいただきました。
小池様、ありがとうございます!!

-------------


■件名
「誰がための競争」を読みました

■メール内容
こんばんは。

東京で弁護士をやっているものです。ミクシーで数年前からたびたびお名前はうかがっていました。

それにしても、すごい話ですね。

ミヒャエル・エンデの『モモ』に出てくる時間泥棒の話を思い出します。

社会的に「成功」している人ほど、「労働時間が短くなったら、みんなで楽をしよう」という発想には抵抗があるのでしょうね。

そもそも、そのような人たちが好んで口にする「努力」というものに対し、比較的若い頃から疑いの念があったのですが、こちらを拝見して、私の実感の方が正しかったと改めて思いました。

今後も、鋭い問題意識の作品、期待しています。
  1. 2016/10/28(金) 11:00:43|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。