ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2007年11月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

磯野 様 - 僕らは特別


磯野さんから、絵本「僕らは特別」への感想を頂きました。
磯野様、ありがとうございます!

------------------------------

日本のいじめの定義はいい加減なものですね。

諸外国の「いじめ」の定義では、こんなふうにはならないと思います。

この本では、いじめているのは、主に特別な人たちですね。

闘いでひどい目にあったので、「いじめ」と言っているだけの感じがします。

本当にいじめられている子供のマイナスにならなければいいのですが……。

日本ではいじめられている子供たちの方が悪いと指摘されているそうですから……。

差別がそこにあるとボクは思います。

特別な人というのは、それ自体、差別を理解しやすいものですね。

逆差別もありますし、しっかり公平に考えないといけないと思います。

考えさせられる作品でした。

つまらない感想ですみません。


  1. 2007/11/26(月) 22:35:13|
  2. 感想文:絵本「僕らは特別」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

るり 様 ―ご紹介


MIXIるりさんの日記で、
「皆さんは、平和の絵本というものを御存知でしょうか。
御存じない方は、一度こちらのHPをご覧になってみてください。」と平和の絵本をご紹介くださいました。

るり様、ありがとうございました。M(--)M

るりさんの日記(MIXI会員でないと読めません)
  1. 2007/11/24(土) 22:01:21|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

nacker 様 -パブロフの犬


nackerさんから、パブロフの犬を読んで以下の感想文、ご意見をいただきました。
nacker様、ありがとうございました。

-----------------------------------

最近読んだ本で「自分の小さな箱から脱出する方法」というのがあります。
自己欺瞞のメカニズムについて分かりやすく書いてあるのですが、
それに通じるものを感じました。

その本に例として書いてあったのは、赤ちゃんのいる夫婦の例。
赤ちゃんが夜泣きをした時に疲れている奥さんを思いやり
自分があやしてやろうと思ったけど、やらなかった旦那さん

自分の気持ちを裏切ってしまった旦那さん。
そこで起こる心の変化は自分の正当化と悪者の創造。
自分が正しくあるためには、誰かが悪くなくてはならない。

自分が正しくあるための理由を挙げると
眠りを妨げられた被害者
仕事でとても疲れている
明日も朝早い
家庭の為にこんなにもがんばっている自分。

奥さんが悪くあるための理由として
怠け者
思いやりが無い
自分を評価していない
鈍感

と、このよう自分の感情を裏切る前とは違う目線で物事を見るようになる
そんな例を挙げてわかりやすく書いてありました。

それらを通して本当は正義も悪も無くただそれぞれの事情を持った
人対人でしかないのだ、と思っていたところです。

その辺思いつくたびに自分のブログに書いたりしてましたが
同じような考えの人ここにも発見!と嬉しく思いました。
目指せ!世界平和!!

あ、ちなみにブログは↓
http://blog.livedoor.jp/m-84_08950/
  1. 2007/11/23(金) 14:09:17|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スウェーデン在住の菊地様 -魔法のめがね


スウェーデン在住の菊地様から、魔法のめがねへ感想文をいただきました。

スウェーデンでも荒れる子供たちが増えているとのこと、興味深く拝見しました。

菊地様、ありがとうございました。

------------------------

スウェーデン在住の菊地と申します。価値教育が学校教育から除去され荒れる子供たちが増えています。
魔法のメガネは使い方次第だと思います。
善と悪を区別することと、自分と違う考えの人を除去しようという姿勢は全く別の事だと思います。
例えばホモセクシュアルは悪と私が断定するとしても、彼らを除去しようという考えは間違いなく悪です。彼/彼女=ホモセクシュアル ではなく、それは彼/彼女の数多くの側面の一部に過ぎないので。
善悪のめがを正しく使えば、悪人と思っていた人の中にあるたくさんのよい面が見えると思います。またこのメガネをかけて鏡に映った自分を見てみるのも意義あると思います。

  1. 2007/11/20(火) 10:35:21|
  2. 感想文:絵本「魔法のメガネ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イスラエルのAndreas様 -Mr.Andreas in Israel


イスラエルのハイファのAndreas様から、以下の通り、ご意見をいただきました。
Andreas様、ありがとうございました。

Mr.Andreas from Haifa, Israel,gave us his view as folllows.

Thank you, Mr.Andreas !

-----------------------

Hi

Your reasoning is good for
children. I mean it. But ...

Intelligent grown ups
understand there is
no true good or bad.
That doesn't mean the
violence should stop.
People live very
comfortable with a
notion called :
"good for me"
They'll fight for their
well-being no matter
if it is good or evil !!
We are still animals
(including the talented
maker of the cartoons)

The true evils are people
who fight for their well-
being-no-matter-what and
not (only) the opportunists
using their weakness.
  1. 2007/11/10(土) 12:15:58|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕