ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2008年01月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

noho様 -魔法のメガネのご感想


鬱病を患われていたというnohoさんから、以下のような「魔法のメガネ」への感想文を頂きました。
noho様、ありがとうございました。M(--)M

--------------------------

とても考えさせられる内容でした。私自身も含め何かを善悪という2極で決めてしまうと当人としてはとても楽になるところがあると思います。絵本の中のメガネで見える善悪を私はその人の主観によるものと思いましたが、善悪の基準は人種、立場といったものに左右されやすく常に変化するものでしょう。許すということはとても難しいことです。お互いが許せる関係になれれば生きやすい世の中にできると思いますが、なかなか難しいですね^^;

私の紹介を簡単に、もともと某企業の開発にいましたが、鬱病になり暫く休養していました。少し前までデイサービスに勤めていましたが、少し違う分野を見たくなり訪問入浴を2月よりやってみることにしています。現在33歳 男独身です。
  1. 2008/01/31(木) 11:06:40|
  2. 感想文:絵本「魔法のメガネ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

mercure 様 -「罰とイジメと自殺のロンド」の感想


mercure様から、先日アップした新作絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ、以下の通り感想文を頂きました。この絵本への感想文は、初めてです。
mercure様、ありがとうございました。

-----------------------------

強制するのではなく、本人が心の底から「したい」と思って行動するべきなんだなと思いました。先生と言うのは、『しなくていけない』という命令で指導するのではなく、「したい」ように、向かわせる、何よりも理論武装をしなくてはいけないんだなぁと思います。理論だけではなく、それを適度に与える配慮も必要なんだなと思います。同級生も、一人に合わせるのは大変かもしれないけど、全員が遊べるものを考える事も必要だし、その一人も、みんなに合わせることも必要なんだと思います。One for all,All for oneで。
仲良くなるというのは、やはり、相手を許す事。「仲良くしましょう」と、許しを促す事はいいことに思うけれど、恐怖が動機では、そこにある現実を、感情ばっかり焦ってしまい、見逃す事になるんだなぁと思いました。
  1. 2008/01/29(火) 23:36:12|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国人のyanzi様 -感想文:愛と嘘


中国人のyanziさんから、絵本「愛と嘘」への感想のお手紙を頂きました。
yanzi様、ありがとうございました。謝謝!

------------------------------

日本語がへだな中国人の私はその絵本を読みました後、心から強い共感があります。いつから知りませんけと、私は自由がない人がと思いました。たくさん時何かすれば、命令されました。確かにこの世界でたくさんの人々はその感覚が持ています、そして、本当の話がいえません、たくさん時自分自身の原因と思います。特に人権意識が薄い人間だったら本当たいへんた
  1. 2008/01/24(木) 18:55:02|
  2. 感想文:絵本「愛と嘘」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蜜様 -メッセージ


中学2年生の蜜さんから、次のようなメッセージを頂きました。
これからの若い世代の方からのメッセージ、とても頼もしく、嬉しく感じます。これからの世界を作っていくのは、いうまでもなく、若い世代の方々ですから。
蜜様、ありがとうございました。

----------------------------------------

私は、中学2年生です。この頃、平和…について、考えるようになりました。私は、平和とは、世界中の人々が、安心と幸福を感じて居ること、だと考えています。けれど、そうする為にはどうすればいいのか。本当に、平和なんて訪れるのだろうか。今の自分に出来る事はないのか。ずっとそう思っていました。そして今日、出会ったのがこのサイトです。私が一番始めに開いたページには、「世界平和を願うあなたへ」と書いてありました。世界平和を達成する為の、現実的で実効性がある方法論。これだ!と思いました。
「世界の人々の心へ働きかけ、人々の心を癒しつつ、世界平和達成に必要な気づき/和の心を広げて行くというものです。 」
まだ絵本は4本しか読めていません。けれども、なにか、ここへ気たオカゲで希望が生まれてきた気がします。これから、このwebについて少しずつでも、ゆっくり考えながら読んで行こうと思います。
何が戦争の原因なのか、何を善とし何を悪とするのかの基準の相違から生まれるものについて、ここの絵本はとてもわかりやすいし、考える余裕を持てます。私は、学校でも、「世界の平和と現実」について研究しています。近い内発表があるので、ここの絵本を皆に紹介したいと思っています。
ありがとうございました!これからもちょくちょく(というかかなり)来たいなと思っています。
乱文失礼しました。
  1. 2008/01/20(日) 17:13:42|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

猫飯 さま-善と悪・・って・・いったい・・(´Д`)


MIXIの猫飯さんの日記で、以下の通り、平和の絵本をご紹介してくださいました。
猫飯様、ありがとうございました。M(--)M

⇒猫飯さんの日記(MIXI会員でないと読めません)
--------------------------------


猫がミクシーを徘徊してみつけたHPでありやす・・(´Д`)

絵本のHPでありやすが~、たかが絵本されど、絵本!

分かりやすくて猫にぴったり~

よかったら~覗いてみてにゃ~ヾ(≧▽≦)

  1. 2008/01/18(金) 20:43:02|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まっきー様 ;憎しみの連載に関連して


MIXIの「笑顔とはぐはぐの連鎖さんの日記」の、〔いつかは終わらせたい「善悪=憎しみ」の連鎖〕という記事の中で、絵本「終わりの無い物語」をご紹介いただきました。

まっきー様、どうもありがとうございました。M(--)M

それから記事の中では、失礼ながら大変に本質をついた記事・図も載せていらっしゃいます。
一部引用させていただきますね。

⇒MIXIの笑顔とはぐはぐの連鎖さんの日記(MIXI会員でないと読めません)


-------------一部引用----------------------




政治善悪つながり☆「善悪=憎しみ」の連鎖 に終止符を!
政治家をテロリストが殺す。テロリストをヒーロが殺す。ヒーローをアサシンが殺す。アサシンを政治家が殺す。政治家をテロリストが殺す。
テロリストをヒーローが殺す・・・

政治家←テロリスト←ヒーロー←アサシン←政治家
←テロリスト←ヒーロー←アサシン・・・・・
 
いつかは終わらせたい、「善悪=憎しみ」の連鎖



  1. 2008/01/08(火) 00:24:59|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad