ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2008年07月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

のんたま様 ―絵本「私は悪い人間です」


久しぶりにのんたまさんが、メールをくださいました。絵本「私は悪い人間です」に関して。
ほんわか暖かいのんたまさんらしい、ご感想です。(^^)

のんたまさん、ありがとうございました。M(--)M
研修、がんばってくださいね。

----------------------------

東郷さん、私もよく「自分は良い人間のふりをしているだけかも」

と思うことがあります。自分の中にいろんな自分がいて、自分で

もどれが本性なのかわからないし、自分を客観視すればするほど

意味不明な人間だと思ってしまいます。

単純であり複雑でもある。明るくもあり暗くもある。優しくもあ

り冷淡でもある。熱意もあれば冷めた考えもある。真面目であり

いい加減でもある。そして自分が好きでもあり嫌いでもある。

でも、この年齢になると、そんな自分とうまく付き合う術を自然

と得ているものですね。何とか前向きにやっていますから。

どうせ自己暗示にかけるなら、「私はいい人間」「私は何でもで

きる」とやった方がいいですね。私なんか!という投げやりな考

えが、自分と周りを不幸にしてしまう現実がいっぱいです。

久し振りに東郷ワールドに触れ、気持ちが引き締まった感じです♪

明日から研修で東京。自分のために頑張って学んできますね。

東郷さんも頑張って!
  1. 2008/07/31(木) 21:14:43|
  2. 感想文:絵本「私は悪人です」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

(-。-)y-゜゜゜様 -絵本「どっちだ?」


高校1年の学生さんから、以下の通り、絵本「どっちだ?」の感想を送っていただきました。
(-。-)y-゜゜゜様、ありがとうございました!

---------------------------------------

絵本読ませていただきました。
善悪だけでは、敵・味方を判断できないんですね。
善を信じ、愛するだけでは、逆効果だとしりました。
この本をもっといろいろな人に読んでもらいたいです★
私は、高1です。
現社の宿題での、今の社会への疑問というレポートを書いています。
そこで、最近多い無差別殺人について、書くことにしました。
この絵本のことにも触れようとおもっています。
参考文献として、使わせてもらいます。

乱文失礼しました。
  1. 2008/07/31(木) 09:14:05|
  2. 感想文:絵本「どっちだ?」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のすたるじぃ&風景様 -リンク


のすたるじぃ&風景 というブログで、以下の通り、魔法のメガネへ、リンクをしてくださいました。
のすたるじぃ&風景 様、ありがとうございました。

-----------のすたるじぃ&風景 BLOGより引用----------------


*例えば、私たちは「善悪」等、様々なレッテル張りで
誰かを追い込んではいないだろうか?

*それでも、それが正当と思える場合、
とことんその理由を説明できるだろうか?

http://www.j15.org/Picturebook-Glasses/index.html

  1. 2008/07/27(日) 22:38:17|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

vivasanta様 -パブロフの犬


vivasantaさんからメールをいただき、以下の貴重なメッセージ・ご意見を頂戴いたしました。
vivasantaさんは、現役教師をしていらっしゃるとのこと。現場でご苦労されてる方のご意見は、大変に参考になります。(^^)

vivasanta様、ありがとうございました。M(--)M


----------------------------------------------------
こんにちは、興味深く貴ウェブサイトを見させていただきました。
提案をさせていただきます。
パブロフの犬のメッセージと絵に加えて、’こうしたらよくなる!バージョンの作品を制作なさってはいかがでしょうか?たとえば犬が食事のときずっと離れていっておすわり状態で待っているとき、”Good Dog" といって小さなえさをあげたり、子供がちゃんとかたずけをし始めて、そこで”おりこうさんですねー”などとそのふるまいをほめる。これをし続けると、いつでもよいことをしようという意識がでてきて最後にはよいことのみしか関心がない。
私は教師の職についておりますが、毎日子供たちのなかで感じるのが、ふるまいや行動を直そうとする教師の行動や処置への疑問です。現在働いている学校では、クラス中になにかうるさくしたり、きいていなかったりすると、教師が名前を書き、その注意が3回起こったら、その子はなにか罰を与えられる。たとえば給食の時間に来てノートに反省文をかいたり。これは決してその子をよくするためにはあまり効果的でないと思うのです。多くの子供がこのシステムになれて育っているので、少しくらいのことではひるみません。どうせ3回起こったら何だから、2回までやってやる、みたいな感じなのです。そして結局反省して、誤りの文をかいたとしても少したつとまた同じなのです。そしてまた反省文を書き、10分間一人でそうじさせられたり、と繰り返し。
そこで私としては子供のよいところをみつけてほめる、ということに徹底するのです。が、まだまだ経験浅い身分ですし、やっぱり同じ子供が、同じような態度をくりかえします。そうすると授業の邪魔になるので、どうするか、というときに教師側はそのシステムをもっとはやく使って、その邪魔な子供を教室からだすようにしなさい。というアドバイスなのです。ここでわたしは矛盾をどう解決するするのか毎日考え続けてます。
犬の教育でもたくさん学んだことを子供にあてはめたりして。
犬では成功したのですが(笑)、人間の子供はまだ成功への階段をゆっくり歩き始めたところです。
あと感じるのが、教育は自分の感情をコントロールすることがとても重要です。生徒がなにか弾みでいったこと、したことにすぐ反応すると、よくあとで”あーもっと落ち着いて言えばよかった”なんてことがあります。これも条件反射なのです。売り言葉に買い言葉じゃないですが、言葉のもつエネルギーはすごいです。
長々となってしまって申し訳ありません。
それでは日々お仕事お疲れ様です。

  1. 2008/07/23(水) 20:13:01|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日々是勉強様 -リンク


日々是勉強というブログで、平和の絵本へリンクをしてくださいました。
どうもありがとうございます。M(--)M

ちらっと見てみると、大変面白い記事があり、思わずニンマリ。
以下、コピペしますね。


--------以下、「日々是勉強」から引用-------

どうも、我が国では、以下のような二分法に従って、イデオロギー的な棲み分けが行われているようです。

【右派】
・親米=反中国朝鮮
・軍備肯定(9条蔑視)
・体制寄り=自民党支持
・「文化伝統」の尊重
・自己責任=政府の役割は小さい方がいい

【左派】
・親中国=反米
・軍備否定(9条崇拝)
・反体制=社民党や共産党など野党を支持
・外国の制度や文化(特に北欧)を日本のそれより評価
・福祉国家=政府による国民丸抱えを肯定

  多くのブログやサイト、掲示板の意見が、このどちらかに属しています。
  しかし、彼らには意外なほど共通点があったりします。それは、

▲基本的に自分と同じ陣営の人間としか意見交流しない
▲反対陣営の発信する情報というだけで拒絶する
▲情報発信者をどういうスタンスか分類・カテゴライズするのが好き
▲その割に、自分は対立意見を理解する用意があることを表明したがる
▲歴史と国際関係を自分の立場から強引に解釈する。ご都合主義の傾向が強い
▲はっきり言って経済や法制度への具体的理解が乏しい
▲意外なほどグローバルなものに対する警戒感が少ない。あったとしても、表面的な現象しか見えていない
▲政治的スタンスの無い一般人を蔑視している

  まあ、そういう宗教戦争をやめろとはいいませんから、私をこういう宗派のどちらかの信者名簿(笑)に無理やり登録しないでほしいものです。

  1. 2008/07/22(火) 01:13:00|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コニル様 -ご紹介


コニルのツッコミ・ブログで、以下のように、平和の絵本をご紹介くださいました。
コニル様、ありがとうございました!M(--)M

----------------------------------

よく気持ちを落ち着けて、一度ゆっくり見てほしいサイトがあります。
平和を願うサイトです。
http://www.j15.org/


  1. 2008/07/20(日) 11:29:01|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

rulira 様 - ご紹介


「ヘンな夢ばかり見る人。 」というブログで、ruliraさんが、以下のように「愛と嘘」の絵本をご紹介くださいました。
rulira 様、ありがとうございました。M(--)M

------------------------

嘘や偽善はなぜ生まれるのでしょう? 
なぜ世界中、嘘と偽善で覆い尽くされているのでしょう?
http://www.j15.org/Picturebook-LoveLie/index.html

  1. 2008/07/20(日) 11:19:49|
  2. 感想文:絵本「愛と嘘」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山形大学加納研究室様 -ご紹介


山形大学加納研究室様の管理サイト(だと思うのですが)の「闇サイトネットいじめの問題を考える」webで、平和の絵本を、「傷ついた心をいやすためのサイト紹介 」として、ご紹介賜りました。

どうもありがとうございます。M(--)M
  1. 2008/07/18(金) 12:47:16|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たんぽぽ様 -ご紹介


マリリンさんのブログのコメントで、「子供の絵本の話しです。 ・・でもとても真面目な 大人の絵本だとおもいます。」と魔法のメガネのご紹介を頂きました。

たんぽぽ様、ありがとうございました。

⇒こちらはたんぽぽさんのブログ 宝の山
  1. 2008/07/18(金) 01:31:30|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

光様 -ご紹介


MIXI光さんの日記で、平和の絵本を以下の通り、ご紹介くださいました。
光さんは、大学で人文心理を勉強されていらっしゃるそうです。

ありがとうございました。M(--)M

----------------------------------

誰がほんまに
悪人で
誰がほんまに
勇かんなんゃろ?



これゎジッサイ
よんだほうがぃぃわ
「平和の絵本」


  1. 2008/07/08(火) 12:56:03|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GivingTree様 ;一輪の花


GivingTreeさんから、絵本「一輪の花」に関連してお手紙・メッセージをいただきました。
GivingTree様、ありがとうございます!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。M(--)M

----------------------------------------------------
TOGOさん、お久しぶりです。
以前、「憂国のサムライへの手紙」を転載させていただいたGivingTreeです。

今回、ある記事を読んでBLOGで核廃絶を考えるようになり(※1)、その具体的な方策についてWebでどのような考えが述べられているかを調べているうちに、TOGOさんの作品を見つけることができました。

善悪の錯覚という観点で『核』を考えると、日本では一部の人たちがすでに「善悪を越えた苦しみ」から『核の当事者』を救おうと、行動を起こしていますね(※2)。この仏教僧たちのいう「破滅の輪を閉じる」という考え方、これはTOGOさんの「一輪の花」にも通じる考え方なのだと思います。ただ、「一輪の花」が『謝罪』の象徴であることに対して、「原爆の火」は『赦し』の象徴であるという点だけ、違うのかもしれません。つまり、「一輪の花」の対となる考え方といえますね。

このように『謝罪』と『赦し』が対になって実現したときはじめて、核廃絶は実現するのかもしれません。TOGOさんの作品を読んでみて、『謝罪』がもつ重要性は理解できたのですが、罪悪感や自責の念からくる自発性というものを、いち国家の首脳に期待できるものか疑問を持ったからです。そうした自発性を促すものは何なのか。私はそれが『赦し』だと思いました。そして、現実の世界ですでにその矢は放たれているのです。後は、『赦し』に対してもう一方の『核の当事者』がどう応えるかですが、2005年に放たれた『赦し』の矢に対して、『謝罪』の言葉はまだ返ってきていません。しかしその一方で、※1のBLOGで示したような動きが米政界で起きているのもまた事実です。

すでに放たれた『赦し』という行動に対して、等価の『謝罪』というものは期待できないかもしれません。また自発的なそれも、期待できないものかもしれません。しかし、史上初の核の使用後60年以上が経過したいまになってやっと、核廃絶の光明が見えてきました。国家という無機的な存在による政治的な決定について、『謝罪』という人の善意に拠った解決は見込めないかもしれませんが、国家ならではの責任の取り方として、具体的に核廃絶を目指すという代替行動はとれるのかもしれませんし、『核の当事者』のもう一方の当事者である私たち日本人は、この代替行動を受け入れて『赦す』べきなのかもしれませんね。

TOGOさんの心の琴線に届く絵本にはいつも考えさせられます。
静かなる平和の闘士である貴方を引き続き応援します。

いつもfood for thought(インスピレーション)をありがとうございます。

※1 http://blogs.yahoo.co.jp/givingtree/43061821.html
※2 http://blogs.yahoo.co.jp/jnicc_org_tk05/53676360.html(これも私のBLOGです)
----------------------------------------------------
  1. 2008/07/03(木) 22:25:13|
  2. 感想文:絵本「一輪の花」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad