ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2008年08月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

どこにもある部屋様 -ご紹介


どこにもある部屋というブログで、以下の通り、平和の絵本をご紹介・リンクしてくださいました。
どこにもある部屋様、ありがとうございました。

興味深い内容ですので、ちょっと長くなりますが、引用させてください。

>刃(やいば)は 人を斬るとき 自分も 実はいっしょに斬っている

これ、とっても共感です。☆   ・・・実は、絵本「一輪の花」を書くとき、この感覚をとても意識していました。 僕が使っていた言葉は、「誰かを殺すことは、自分を殺すこと」でしたけど。これは、昔、夢の中で得たメッセージでした。(^^)


----------

善悪中毒 再び

久しぶりで 去年の夏過ぎに眺めていたページを思い出しました。
心にふと浮かんだ<善悪中毒><正義依存症>。。。

前出ジャニスジャプリンは。。鍵付きの私の部屋ですm(__)m
麻薬の純度についての誤差で亡くなったとウィキには書いてあったように思いますが 

あの時代は ベトナム戦争が大きく影を落としていた時代。。。

第二次世界大戦終結で ファシズム的な悪は確かに滅びたはずだったのに。



多様性。。。と人は言う。
しかし『多様性』があなたのすぐ隣で 
あなたにとっての 不快であるときも 
あなたは フェアに耐えられるかしら。

それでも。。不快なものには何をしてもいいのではなく
不快なものこそ 逆にあなたの悪いところを引き出してくる鏡として
あなたは なぜ それを不快に思うのか
そして あなたは それに対してどこまでフェアでいられるかな

もしかしたら徒に その『不快』因子に対して
熾烈で過酷な基準で ばっさり切り捨てることを 潔癖や正義として
自分も為し 人にも同じ基準でそうすることを強く期待してはいないかしら

http://www.j15.org/imode/index.html



基準はまず 自分自身にこそ問うべきもの

孤としての完成度は 環境によって 考えを構成する材料は提供されても
環境によって それを左右されることはない地点にあるはず。。


基準は。刃。

刃(やいば)は 人を斬るとき 自分も 実はいっしょに斬っている

不可抗力の何か。。そして 愚かな自分の無力感。

抗議の印として 生きている証として
もしも自分を斬るときも
その刃は あなたを愛する人をもいっしょに傷つけてるもの

刃は いつも 悲しい二面性をもっている



刃は 厳しい鋼の基準



切るとき 切らないとき
どこまでどんな風に切るのか 納めるときはいつか

そしてまた 刃は サヤを どうしても 持たねばならない
刃は必要悪であり それを持つこと自体 本当は悲しい基準だから



刃がなければ

こんな弱くて小さい自分が

生きていくという意味すら 切り開くことができないような
そんなせっぱ詰まって 追い詰められた 気持になることがある


それでもやっぱり 刃は どうしてもサヤと 刃 以上に厳しい基準や方法をもって 使いこなせなければ
必要悪どころか

不必要で禍々しい その先に創造のない破壊としてのみ 存在することになってしまう



刃。。刃を見つめる 私一人の時間。。。

  1. 2008/08/27(水) 22:36:44|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナームカーングボン・サアード様 -リンク


ナームカーングボン・サアードの部屋というブログで、以下の通り、私どものサイトの人種平等決議案の頁へ、リンクをしてくださいました。
ナームカーングボン・サアード様、ありがとうございました。

-----------------------

なぜ黒人なのか


『ボルト 世界記録で金メダル 陸上・男子100メートル』

http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-athletics/2507779/3227124

『陸上女子100M、ジャマイカ勢が史上初のメダル独占』

http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200808180024.html

北京五輪の陸上短距離で、ジャマイカのメダルラッシュが続いて

いる。

ボルト、フレイザー、シンプソン、スチュワート、全員黒人だ。

ジャマイカの人口の90%は、黒人だ。

ジャマイカだけでなくカリブの島々の住人は黒人だ。

本来、これらの島々には、インディオが住んでいた。

15世紀以来、イギリスやスペインは、これらの島々を植民地

にして約1800万人のインディオを殺し、代わりにアフリカ

から黒人奴隷を連れて来て、コーヒーや砂糖を作らせた。



第一次大戦後、日本は、国際連盟に「人種平等」を提案したが

植民地支配をしていた欧米によって潰された。

http://www.j15.org/yukoku/RacialEquality.html

第二次大戦で、日本のアジアへの軍事介入によって欧米は、

植民地を失い、世界中で独立運動が起き、植民地支配は

20世紀で終わった。

アメリカは、植民地支配に抵抗する何万人ものフィリピン人を

虐殺していた。

あきらめの悪いフランスは、アルジェリアやべトナムで独立

運動家を、片端からギロチン台に送っていたが、最後には

あきらめた。

植民地支配と共に奴隷制度も終わった。

奴隷制度が終り、うまみが無くなると、ジャマイカからも

白人は引き上げた。

取り残されたのは、アフリカから連れてこられた黒人だった。

ボルト、フレイザーもアフリカから連れてこられた奴隷の

子孫なのだ。

日本が植民地支配を終らせなかったら?

ジャマイカが植民地のままだったら?

ジャマイカが、オリンピックに参加する事すらなかったのだ。



  1. 2008/08/24(日) 23:14:51|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ティータイム♪ 様  -良い子にならなきゃ


ティータイム♪ というブログで、平和の絵本をご紹介くださって、,「良い子にならなきゃ」へのご感想を以下のように書いていただいているのを発見しました。

ティータイム様、ありがとうございました。

-------------
この本を読んで「善悪」の考え方が変わりました。
いつのまにか「よいもの」と「悪いもの」に分けていた自分。

テレビのアニメもゲームも「悪者」がいないと始まらない。
でもほんとにやっつけちゃっていい「悪者」っているのだろうか・・・

小さい子にはついわかりやすく、これはいい、これは悪い、と教えてしまう。
でも自分が「悪」と思うことにも意味があり、自分とは違う視点の考え方がある。
「悪者」をみつけて排除するのではなく、なぜ「悪」とされてしまうのかを考えること、
「怒り」や「悲しみ」も受け入れて前に進む道があるということを教えてあげたい。
・・・というか、共に探していきたい。

自分の中で分かれてしまうものがあるとすれば、「善」と「悪」ではなく、
私自身が「理解できるもの」と「理解できないもの」かな・・とふと思いました。
あ、なんだか課題が増えちゃった・・

「良い子にならなきゃ!」平和の絵本より
http://www.j15.org/index.html

  1. 2008/08/23(土) 19:35:26|
  2. 感想文:絵本「良い子にならなきゃ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自然にあるがままに楽しく  様  -ご紹介


自然にあるがままに楽しく というブログで、平和の絵本をご紹介・リンクしてくださいました。
自然にあるがままに楽しく様、ありがとうございました。
  1. 2008/08/23(土) 19:28:04|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほのぼけNZ 様 -ご紹介


ほのぼけNZというブログで、平和の絵本を以下のようにご紹介してくださるのを見つけました。
ほのぼけNZ 様、ありがとうございまた。

ーーーーーーーーーーーーーー
こころのへいわをうたう えほん。



こういうテーマを こっそり埋め込んだ 絵本を作りたいな~。



好きだったのは、マジカルめがね。



そうそう。物事は 善悪じゃない。
ただ、陰と陽なだけだと思うんだ。



お互い様なんだよね~。



  1. 2008/08/23(土) 19:18:19|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エコッタ様


地球の守護人というブログで、私どもの平和のメッセージ「目を開けて」と、原爆の廃絶を描く絵本「一輪の花」を大きくご紹介くださいました。

エコッタ様、どうもありがとうございました。M(--)M
  1. 2008/08/21(木) 18:07:38|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

増田様 -原爆への復讐


「原爆への復讐」をお読みいただいた増田さんから、以下のようなお便りをいただきました。
増田様、ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。

----------------

東郷さま

  ある人々が優越的であることへの疑問に
答える大きな糸口がこんなところにあるとは
思いもよりませんでした。確かにパール判事
に関する書を読み、又今の中東の混乱を見る
と、非常に優越的であることを忘れた人々の
存在が浮かびます。 原著の最後の章は非
常に大切なことを伝えていると思います。
ご活躍を心よりお祈りします。
  1. 2008/08/19(火) 13:21:15|
  2. 感想文;原爆への復讐|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シール様 -リンク


しーる英語という英語学習のBLOGで、海外在住のシールさんが、平和の絵本へリンクをしてくださいました。
本当にありがとうございます。M(--)M

しーる英語へ。
  1. 2008/08/19(火) 09:25:09|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

NY貧乏文庫 様 -ご紹介


NY貧乏文庫 というブログで、以下の通り、平和の絵本をご紹介くださいました。
ありがとうございました。M(--)M

-----------------

一見なんだか凄くいかがわしい新興宗教みたいに見えるサイトだけれど、
この人の言う「善悪中毒」という思想は、
このテキトー人間にとってちょっと興味深く感じられた。

いささか極端で「そう単純にはいかんやろ~」と言いなくなる感じも無くはないのだが、
言われてみると、世界中の哀しみの原因は「善悪中毒」論で説明がつくようにも見える。


テキトーに理解しておくことにする。


  1. 2008/08/18(月) 23:03:31|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

かっさん様 -原爆への復讐


かっさんから、以下の通り、原爆への復讐へのご感想・ご意見をいただいています。
かっさん、いつもどうもありがとうございます。M(--)M

-----------------------------------------

ひと通り全部読み終えました。とても参考になりましたよ。
そして、これはそういうものかなと。つまり、ある程度わかってる人が参考というか、確認というか。。。する本というような。。。

身も蓋もない言い方かも知れませんが、思うに人に何か教えるのというのは非常に難しく、新たなコントロールに入れるだけだったり、やっぱり実体験で自分でワカルしかない気も、改めてした次第です。私がある程度、恨みや憎しみを超えていられるのも、そのように考えているからだと思います。

つまり必然ということですね。

そもそも現代の組織の上の方に居るユーシューな?人達は、失敗の経験とかが決定的に不足していると思いますよ。

あとこれはもし自分が書くんだったら。。。という感じの感想ですが、東郷さんとしては「仮に」いってるだけなのかも知れませんけれど、結論?の「人間は信頼できるウンヌン」について、これだと善悪といっしょかなと。

そもそも何でもそうですが、信じる(信じられる)とか信じない(信じられない)の問題ではない様に思います。ただそのものを見れば良いだけで。。。

見ているうちに、その奥まで見えてきたりして、いま見てる認識が明日はまた変わったりして、より深い理解というか。。。

まあ、対象者が違うのでしょうね。釈迦に説法みたいでスミマセン( ̄□ ̄;

でもやっぱりスゴイと思いましたよ!
分析ではなく、「どう表現するか?」これは東郷さんの表現、つまり「芸術作品」ですな。
東郷さんの思い、願い、魂?が入っちゃってますねぇ。

また偉そうになっちゃいましたが、とりあえず正直な?読直後の感想ということで。。。

-----------

ちょっと言葉が足りなかったと思ったので補足なんですが、「自分でワカルしかない」と言ったのは、東郷さんの今度の本を読んでもわからないといった意味ではないんです。

はじめに言ったように、今度の本を読めばかなり多くの人が理解出来ると思いますし、優れていると思いますが、たとえば仏教な人とかが読んで、書いてある事を理解したとしても、それを自分の問題とは受け止めずに「キリスト教とかには、まったく困ったものだ…」で終わっちゃうパターンが多いかなと。

誰かや何かを批判して、それと同じ様なコトを平気で自分もやっているのに、ぜんぜん気がつかない、とかいう問題がありますよね。

ヒトのコトはよく見えても、自分のコトって、見えないものなんですよねー。(これは自戒的なイミです)

だから理解してもしなくても、誤解してもしなくても、自分のコトは自分でなんとかするしかない、といった様なニュアンスかな。。。

それに、自分の生活がメチャクチャなのに、世界をどうこうするとかいってもねぇ。。。

だから本を読んでも、何を言われても、ワカンナイ人は分かんない訳ですが、それはそれで良くて、安全のために却って直ぐには理解できないように言って、「ワケのわからない変なヤツ」と思わせおき、何か起きたり必要になった時にスイッチが入って「ドカーン!」となるような。。。

「原爆への復讐」は、そういう「時限爆弾」だったりしても良いですね。
  1. 2008/08/11(月) 13:00:41|
  2. 感想文;原爆への復讐|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

KEN様 ―原爆への復讐


KENさんが、弊著「原爆への復讐 聖書論歴史編」をお読みになられて、以下のご感想・ご意見をメールしてくださいました。
KEN様、どうもありがとうございます!!

-----------------------------------------------------

私はキリスト教(一神教)とはまやかしの自由・平等・友愛を掲げる、世界侵略の道具であると思っています。
誰かの計画的なものと目的があるように感じてなりません。
今もなお侵略計画は続いていると考えています。
私自身数か月前まで大東亜戦争の背景には欧米の世界侵略があるとは知りませんし、私たちの文明が黒人奴隷や有色人種の犠牲の上に成り立っていると走りませんでした。
しかし、最近歴史に興味を持ち、調べていくうちに、欧米諸国がしてきた植民地争奪戦、残虐行為の数々を知り、あの人たちの言う自由や平等とは何なのかと疑問を持っていました。
キリスト教のいう「神」は自己顕示欲が強い人間か宇宙人のように感じます。超越的なものではなく、人間・生物臭いです。
広島大学教授である田宗鳳氏の著書も一神教の弊害を表現した面白い書籍でした。
欧米人の作りだしたシステム(主義思想含む)にはどうしても”搾取”が根底にあります。
搾取・貧困・紛争は一神教や欧米思想をもとにしています。
我々はこの欧米思想、物質文明から脱却し、お互いを認め合い、譲り合う調和の世界を創造していくべきであると感じます。
調和即愛 愛即調和。奉仕の精神です。愛こそ人類に与えられた最大のテーマだと思うのです。
しかし、この欧米思想からの脱却という発想自体も善悪中毒なのかもしれません。
私自身、善悪(よいわるい)で判断してしまうところがおおいにあるので、善悪中毒をアマゾンで購入し勉強します。早速読んでみたいと思います。
また、アメリカは恐ろしい国です。傲慢そのものです。
EUも曲者です。
アメリカンヒーロー、聖書、アメリカンドリームすべて洗脳でありましょう。

「広島原爆資料館へ確認したところ、広島の原爆資料館を訪れた現職米国大統領は、ただの一人も存在しない」
この文章は大変悔しい思いをしました。政治的おもわくがあるにせよどう考えてもあれは人体実験であったのだから、謝罪するべきです。

また、日本の欧米化は生活習慣や食生活をみても進んでいます。
犯罪率も増える事でしょう。残念で仕方がありません。
家族機能の崩壊、権利主張、肉食化、教育の崩壊、自己中心主義
すべて欧米思想の弊害です。

色々考えさせられました。
ありがとうございました。
  1. 2008/08/08(金) 17:57:29|
  2. 感想文;原爆への復讐|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すんうオンマ 様 -ご紹介


MIXIのすんうオンマさんの日記にて、平和の絵本をご紹介いただきました。
とても興味深い日記です。
こういう意識をお持ちの方もいらっしゃるんだなあ、と大変頼もしく感じました。

ちょっと失礼して、長くなりますが、引用させていただきますね。
すんうオンマ様、ありがとうございました。M(--)M

----------MIXIのすんうオンマさんの日記(MIXI会員でないと読めません)より引用-------------

私が 善悪の基準を捨てようとか

善悪にこだわらずに 生きてみようとか

ジャッジしないという スローガンを本当に 自分のものとして
生活してみようと 思い初めて

半年は 過ぎましたか・・・・?


でも 気が付くと ちゃんと ジャッジしているようです。

自分で ジャッジしていることに気が付ければ

あ!しまった またか・・と 思いながら
感じたことに上に もう1度 善悪なんてないという
気持を込めて 思いを塗り替えるような 作業をしています。

これは 癖だろうから そうそう 簡単には  消えないだろうけど
気を落とさずに 根気よく・・・

2,3年も 取り組んでいれば 何か 変化が見られるかもしれない。

そういう 気軽さで 取り組んでいるようでもあります。



ちょっと 怖いのが 知らないうちに 色々な ことを 感じて
ふ~っと 流してしまっていることですね。

自分が何を感じ 思っているのか 意識しないで 時間が流れて
しまうことです。

だから 自分を振り返る時間は 大切です。

瞑想をされる方も 多いでしょう。



私達は 宗教上 祈祷という時間を 持ちますけど

祈祷を勘違いしているかもしれませんけど

何かしら お願いをしたり こうなったらいいとか
そういう 要求をする時間のように 感じてならないことも
多いのです。

だから 私は 祈祷よりも 何も考えないで 無心?ただ 感じる
瞑想の方が いいな・・・と 思うこともあります。

でも 瞑想の仕方なんて 知りません。


人が見たら 祈祷をしている振り?に 見えるかもしれません。

だって 黙って 目を閉じたりしていても
なにも 言葉を吐いたり 願ったりしないのですから・・・



この間 平和の絵本というサイトに 出会いました。
http://www.j15.org/index.html

まるで 導かれるように やってきていました。

その 数々の絵本を見ているうちに 本当に 宗教を持つ人ほど
注意が必要だなと 思うのです。

私の 教会でも【絶対善】という言葉があります。

ただの 善と悪ではなくて 絶対善ですよ。

世の中の 善悪ではなく 神さまから見たときの 本当に善なるもの
っていう意味なのかもしれませんけど

それを 使う私達は まだまだ 未熟なものです。

本当に 注意が必要だと思います。


まわりで そのような 言葉が ささやかれても
今は 善も悪もない・・・を 貫いてみようと思います。



  1. 2008/08/06(水) 21:27:11|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京の上別府様 -ご寄付


東京の上別府様から、1万円のご入金を賜りました。
内訳は、9,000円のご寄付と「原爆への復讐―聖書論歴史編」のご購読料1,000円です。
「原爆への復讐」のPDFファイルと、絵本「魔法のメガネ」7冊を、早速お送り申し上げます。

私どもが寄付を頂くのは、約4ヶ月ぶりのことととなります。とても勇気付けられます。
上別府様、本当にありがとうございました。M(--)M

  1. 2008/08/06(水) 16:22:05|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エコエコのざらし 様 -ご紹介


のざらし親父が感動した日記というBLOGで、平和の絵本を以下の通りご紹介くださいました。
エコエコのざらし様、ありがとうございました。M(--)M

----------------------------------

紛争がなくなり、戦争に使うエネルギー&マネーを、環境問題 食料問題 資源開発
などなどに使えば、だいたいの問題も解決できるのでは?


そのためには、個々のモチベーションを高めることが大切だといつも思ってます
そういう時、訪れるサイトがあります


前にもリンク貼ったんですが、もしよければ、訪れてみてください


http://www.j15.org/


平和の絵本です

  1. 2008/08/04(月) 12:13:35|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジュリー様 -ご紹介


MIXIのコメントで、ジュリーさんに、以下の通り、平和の絵本のご紹介をいただきました。
ジュリー様、ありがとうございました。

---------------------


ついでにたまたま面白いサイト見つけたので紹介。
「善悪中毒の心理学」
http://www.j15.org/GoodEvil/index.html
ちと難しいけど大人パワーで読んでみて。



  1. 2008/08/02(土) 12:46:38|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とびまる 様


MIXIのコミュ(MIXI会員でないと読めません)で、とびまるさんが、以下の通り、平和の絵本をご紹介くださいました。
とびまる様、ありがとうございました。M(--)M

-----------------------

皆さんこんにちは。

皆さんの周りに
自分の考え(実際は何か別の権威を借りてきて...)がゼッタイな人や
善とか悪とかやたら正義ぶってる人いませんか?
いいとかわるいとか2つに分けられるほど世の中そんな単純なものでもないし、
よしあしなんて立場で違うこと多いのに・・・と私は思うんですよね。

ここのHPにいろいろ書いてあったのですけど、私はとても納得します。
平和の絵本 http://www.j15.org/
皆さん、どう思いますか?

  1. 2008/08/01(金) 12:48:29|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕