ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2008年09月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

名古屋市の成田様 -ご寄付


名古屋市の成田様から、1,200円のご寄付を賜りました。成田様、誠にありがとうございます!
早速、明日、「魔法のメガネ」印刷版をお送りします。
また、いつか旅立たせていただければ、嬉しいです。(^^)

これからも宜しくお願いいたします!!
  1. 2008/09/24(水) 21:11:18|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こどもの村保育園 徳重園 様


名古屋市緑区にある『こどもの村保育園 徳重園』のブログ、「子供って素敵」にて、平和の絵本を以下の通り、取り上げてくださいました。

本当に、ありがとうございます。M(--)M 

------------子供って素敵より引用-----------------

釘付けになりました。

1つだけ変えられるとしたら、何を変えたい?
というテーマに投稿します。

私は世の中には「善と悪がある」という思考の枠組みですかね。

昨日、偶然ですがあるサイトを見つけました。

平和の絵本というサイトで、善と悪、これらの錯覚で人はいがみ合ったり、いじめたり、犯罪者になったり、戦争をしたりする、という事を心理的な側面から絵本にして描いています。

私たちにある善悪という思考の枠組みを「錯覚かもしれない」と心のどこかにおいておくだけで、物事が違って見えてくると思うのです。

相手が悲しむ事をしたら、相手だけじゃなく、周りの誰かも必ず悲しむし、それを見て本人も心のどこかが痛むと思う。

子どもたちを見ていると小さなトラブルの連続ですが、なるべく裁かず本人たちが考える事を支援したいと思います。


  1. 2008/09/22(月) 12:54:39|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜桃日和 様 -愛と嘘(中国語)


桜桃日和 というブログで、絵本「愛と嘘」にリンクをしてくださいました。中国語のブログなので、よく分からないのですが・・・ 察するに、翻訳をしてくださったようなのです?

桜桃日和 様、ありがとうございました。謝々。

⇒桜桃日和


  1. 2008/09/21(日) 21:10:05|
  2. 感想文:絵本「愛と嘘」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネオ破産様 -ご紹介


MIXIのネオ破産の日記にて、

「ポニョなんぞよりもよっぽどおもろいぞ 。多分この作者は実際に会うと もの凄い毒舌家(皮肉屋)と思うw

不謹慎と知りつつも いくつかは描写で笑ってしまった」

と平和の絵本をご紹介いただきました。

ネオ破産さんは、1979年生まれのクリエイターだそうです。
ネオ破産様、ありがとうございました。M(--)M



⇒MIXIのネオ破産の日記(MIXI会員でないと読めません)
  1. 2008/09/20(土) 23:52:20|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

横須賀好きさん -リンク


横須賀話という掲示板で、横須賀好きさん というハンドルネームの方が平和の絵本にリンクをして、「くそぉ~良い事書いてんな」と、ご紹介してくださいました。

何気ない掲示板なのですが、アクセスログを見てびっくりしました。なんと延べ88人もの方が、このリンクから、ご訪問くださったのです。(@@)

横須賀好き様、どうもありがとうございました。M(--)M
  1. 2008/09/14(日) 00:26:54|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小さな楽しみヒトカケラ様


小さな楽しみヒトカケラというブログで、善悪中毒の心理学の頁をご紹介くださいました。とても興味深い記事なので、長くなりますが、引用しますね。

小さな楽しみヒトカケラ様、ありがとうございました。

--------------

主観的裁判のあふれる世界

当時大学の講義で「善悪の転倒(てんどう)・・・・」(倒の字は違うもの)という言葉を見て衝撃を受けたことがありました。

善としていることが悪 悪としていることが善

というわけではなく、

人の持つ善、悪という「ものさし」がひっくり返ってしまっている
といった感じでしょうか。


断言はできませんが、少なくとも、自の育ち、思想、感性、立場などを正義として受け入れられないモノや、許せないモノ、脅かしてくるモノは"裁く"という主観的な行動があふれかえっています。

特にインターネット掲示板やオンラインゲーム、その他顔の見えない世界(メールなど)では噂や想像だけで全てが判断されるがゆえに誤認識による"裁き"が溢れかえっています。

"主観裁判中毒"が街中に飛び出せば、秋葉原での事件のような悲劇が生み出され、本人も他人も、多くが哀しみと苦しみに包まれるだけの"無意味な歴史"を産み出すだけなのではないでしょうか。

こういった人間の根源にある問題というのは答えもなければ、膨大な時間と環境を要します。

多くの人は人生の中でふとこういったことに気づく瞬間があると思います。しかし、答えなきモノは考えるだけ意味のないことであるかのように、消し去ってしまうケースがほとんどです。人間は問いに対して答えを必要としますし、答えがすべてであるような教育をうけがちです。
しかしながら、本当はこたえが必要なのではなく、「自分に対する問いかけ」が大事であり、答えを立ち上げることはまた「てんどう」になってしまうのである。

他人のことを理解することなんて数%もできません。だから人は自分を基準として話す手段をとらざるを得ない面がありますが、そこに常に疑問を持ちながら、正悪や優劣を付けずに物事を見れるようになっていけばきっとお互いに歪みあったり、傷つけることが減っていくのではないでしょうか。

長々と書いていますので読みにくくまた、理解しがたいことも多いと思います。少しこういうことに興味のある方はここを読んで、どう思うか考えてみてはいかがでしょう。http://www.j15.org/GoodEvil/index.html



  1. 2008/09/10(水) 23:54:01|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気になる本日のニュース様


気になる本日のニュースというブログで、「子供を犯罪者にする方法」へ、リンクをいただきました。
気になる本日のニュース様、ありがとうございました。M(--)M
  1. 2008/09/08(月) 17:18:41|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

華憐様 -リンク


魑魅魍魎が跳梁跋扈する雑記というブログで、私どもの絵本「良い子にならなきゃ」へ、地獄と恐怖の心理として、リンクをしてくださいました。
管理者の華憐様は、17歳とのことです。

華憐様、ありがとうございました。
  1. 2008/09/05(金) 12:46:08|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真の伯父/じじい50 様  ーリンク


真の伯父/じじい50の日記というブログのリンク集で、善悪闘争史観からの解脱として、平和の絵本へリンクをしてくださいました。
真の伯父/じじい50さんは、カルト問題を研究されているようです。

真の伯父/じじい50様、ありがとうございました。

⇒真の伯父/じじい50の日記へ
  1. 2008/09/04(木) 17:35:24|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サイ様


中学生のサイさんから、以下のお手紙をいただきました。資料にご利用いただいたとのこと、ありがとうございます!

----------------------------------

こんにちは。中学生の女の子です。

総合学習で、ここの資料を参考にさせていただきました。

とてもわかりやすくて、とてもよい資料ができあがりました。

ありがとうございました。
  1. 2008/09/04(木) 17:22:40|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国在住の成田様 


中国在住の成田様から、原爆への復讐を以下の通りいただきました。それから、貴重なアドバイスもいただきました。
絵本、がんばります!☆ ありがとうございました。

-------------

『原爆への復讐』拝見しました。

正に膝を打ちたくなる内容であり、著者の深い洞察に感銘を受けました。

東郷様が行っている活動も、HPから推測している状況ですが非常に
ユニークで、真剣に取り組んでいる事が伝わります。

絵本により、広く多くの人に伝えるという方法も素晴らしいですね。



見識、考え方、取り組み方、マーケッティング、熱意、いずれにおいても非凡なが
ら、一つだけ「こうしたほうがいいんじゃないか」という意見があります。

おこがましい傍観者の意見をお許しください。



それは、絵本自体のクオリティーです。伝えたいテーマが先行しすぎてしまい、
絵本自体が面白いものではなくなっていませんか?



日本の市場は「良いものを良いと判断できる市場」ですので、多少マーケッティング
が下手でも、お金かけなくても面白ければ、広まると思うんです。



子供は大人が読んでも面白いものしか面白く感じません。

漫画なんて特にそうで、10歳以下の子供に売れている漫画はどれも
30歳以上でも読むに耐えます。



突然勝手なメールを送ってしまい恐縮ですが、もしご本人がそこ
に気づけばもっと良い方向に加速するのでは無いかと思いメール
しました。


応援しています!ぜひ頑張ってください。

  1. 2008/09/01(月) 16:22:35|
  2. 感想文;原爆への復讐|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕