ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2009年06月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

五島 優 様 -リンク


五島 優さんのブログ、LilaStolzで、平和の絵本へ、リンクをしてくださいました。
五島 優 様、ありがとうございます。

ところで、五島 優さんは、美大芸術学専攻を卒業されたとのことで、戦争や平和の絵本について、深い関心をお持ちの方です。
とっても素敵な絵を描かれます。こちらのギャラリーでは、戦車に落書きをしていたり、素晴らしいなあ、と。

絵の専門家だけあって、叙情豊かな絵はとても説得力があり、うらやましい限りです。^^

それから、戦争や人とのふれあいを描いた絵本も発表されています。
この「はりねずみ」という絵本は、胸がキュンとしました。^^ 

五島 優 様、ありがとうございました。

  1. 2009/06/28(日) 23:50:59|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

仔犬の散歩道様 -リンク


映像作家をしていらっしゃる方のブログ、仔犬の散歩道で、憎しみの連鎖を描く絵本「終わりの無い物語」へ、リンクをしてくださいました。

仔犬の散歩道様、ありがとうございました。
以下、関連記事を引用させていただきます(もし、支障があったら、おっしゃってくださいね)

仔犬の散歩道から(引用)-------------

憎しみの連鎖を断ち切るために
世界各地で起きる戦争と止むことのない殺戮。
アメリカは対テロ戦争の一環としてイラク戦争へ烽火を上げた。テロリストを殲滅するために、多くの犠牲者を出してイラクを攻撃した。
国家にとって自国の領土拡大、イデオロギーや宗教、経済的覇権を握るために戦争という方法が取られている。

しかし「戦争をしない」という意志を個人も国家も持たない限り、憎しみの連鎖は止められないだろう。
どんな非人間的なことをされようと、恨みや憎しみ悲しみをはらすための報復は行わないことだ。
それらを一切破棄しないかぎり、憎しみの無限連鎖はとまらない。
人が新たな精神構造をつくり上げない限り、戦争は無くならないだろう。
  1. 2009/06/23(火) 11:01:49|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

佐久市の市川様 -寄付


信濃毎日新聞の記事をご覧になった佐久市の市川様から1,200円のご寄付を賜りました。絵本「魔法のメガネ」を御礼までご送付しました。

市川様、ありがとうございました。
  1. 2009/06/23(火) 10:41:42|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戸隠奥社 様 -ある星の飲酒運転


ハンドルネーム戸隠奥社様から、以下の通り、絵本「ある星の飲酒運転」へ、ご感想・ご意見をいただきました。
ありがとうございました。m(--)m

----------------------------------------------------
この項目だけがわたしはどうしても引っ掛かるものを感じます。
飲酒運転がテーマなのか、それともドラッグキノコ酒に象徴される飲酒そのものがテーマなのか定義されていないからです。
一度に二つのことを同時に定義していないでしょうか。
譲ってそれを良しとしても、厳罰化に取って変わる手段の材料がお金とシステムと科学技術だというものにも疑問を覚えます。そもそも、酔い覚ましにも効くドラッグ依存症の新薬というようなものですべてが解決されるでしょうし。

論者の方はシステムや科学技術に依存するのが好きなのでしょうか。
余りにもあっさりとそういうものが出て来るのに違和感を覚えました。
システムに依存する限り、そのシステムは更なる新システムを何処か必要としないでしょうか?

ここはもっと単純に、飲酒というテーマと交通事故というテーマに分けて説かれるべきかと思われました。それだけも充分深いものな筈ですし。
  1. 2009/06/23(火) 01:00:18|
  2. 感想文:絵本「ある星の飲酒運転」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

つくし様―「嵐と湖」


つくし様から、絵本「嵐と湖」へ、以下のご感想をいただきました。
つくし様、ありがとうございました!

----------------------------------------------------
―略―

「嵐と湖」を読んで、私が感じたことは・・・

「辛いときこそ目を向けて、もう一度現実を見つめる」と感じました。

自分自身・・・悩みが多かった去年を振り返ると・・・
辛くて逃げ出したかったけれど、自分を見つめ直したことによって
自分の進むべき道を見つけることが出来たように思います。


  1. 2009/06/20(土) 20:33:23|
  2. 感想文:絵本「嵐と湖」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

上田市の藤野様 -寄付


信濃毎日新聞の記事をご覧になった上田市の藤野様から、1,200円のご寄付を賜りました。
藤野様、誠にありがとうございます。

明日、御礼まで、絵本「魔法のメガネ」をお送りさせていただきます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
  1. 2009/06/16(火) 23:51:39|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

茅野市の池田様 -寄付


昨日、茅野市の池田様より、1,200円のご寄付をいただき、絵本「魔法のメガネ」を1冊、御礼まで差し上げました。

池田様は、信濃毎日新聞をご覧になったそうです。

池田様、ありがとうございました。
  1. 2009/06/16(火) 11:58:10|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊大 様 -ご紹介


遊大さんのブログ、Big Player's Philosophyにて、以下の通り、平和の絵本、パブロフの犬をご紹介くださいました。
-----------------
そこで、今日何気なく面白いサイトを発見したのです。
平和の絵本

最初はパブロフの犬ってのを見たのですが僕好みでした。違う作品はまだ見てないのですが、これから見てみたいと思います。(たぶん)

絵は下手ですが、メッセージが楽しい。
-----------------

絵、上手になるように、頑張ります。☆ 違う作品も是非、ご覧になってくださいね。
遊大様、どうもありがとうございました。m(--)m

  1. 2009/06/15(月) 12:40:47|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ぺんぎん 様―「私は悪い人間です」


ハンドルネーム「ペンギン」さんから、絵本「私は悪い人間です」に関して、以下のご感想を頂きました。
作者冥利につきるご感想です。(^^)


ぺんぎん様、メールありがとうございました!


----------------------------------------------------
「私は悪い人間です」
読ませて頂きました。

自分の心境がまさにこの絵本と同じで

なんとも言えません。

私は悪い人間です
とすると

自分を憎むようになっていました。
とすると

自分の周りの世界が憎く見えてきました。
ほんの自分の目が行き届くだけの小さな世界ですが

こんな自分ではいけないのだなと思わされました。
ありがとうございます。

  1. 2009/06/14(日) 09:25:25|
  2. 感想文:絵本「私は悪人です」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

信濃毎日新聞様 -魔法のメガネの記事


本日の信濃毎日新聞で、神奈川県下の小学校へ配布することに関連して、

〔「善」と「悪」のようにものごとを画一的にとらえることによる悲劇を描いており、平和やいじめの問題について考える題材も提供している。〕

と、絵本「魔法のメガネ」を大きく、ご紹介くださいました。


信濃毎日新聞様、そして、取材して下さったK様、本当にありがとうございます!!



----------------
信濃毎日新聞様へ

記事引用に関しましては、取材をして下さったK様を通して、貴社へお願いをしています。万一、支障がある場合には、ご連絡賜りたくお願い致します。
今回はお取り上げ下さって、誠にありがとうございました。



  1. 2009/06/13(土) 12:57:39|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神奈川県新聞販売組合様 -魔法のメガネを小学校へ寄贈


6月8日に横浜ガーデンホテルで、神奈川県新聞販売組合の総会が開かれました。
その総会で、神奈川県新聞販売組合の創立30周年記念事業として、2,000冊を超える絵本「魔法のメガネ」を神奈川県下の約800校の小学校を対象に、寄贈・配布することが正式に決定されました。
弊職(東郷)も、総会にお招きいただき、ご挨拶をさせていただきました。

神奈川県新聞販売組合様、私どもの「魔法のメガネ」をお取り上げくださいまして、誠にありがとうございます。 そして、創立30周年、誠におめでとうございます。





⇒今回の切っ掛けについて

---------------------
寄贈先の変更 2009.10記
---------------------

その後、「この絵本はむしろ大人に読ませたい」との声があり、新聞販売組合様で色々と検討した結果、神奈川県下の全新聞購読世帯を対象に、新聞の折込ちらしを実施。「魔法のメガネを2,000冊抽選でプレゼント」として、一般の方々へ、配布される運びとなっています。
新聞の折込チラシの配布は、今月中にでも行なわれる予定です。

我々平和の絵本としても、認知度アップは最重要課題であり、折込チラシを大々的にしていただけるのは、本当にありがたいです。

重ね重ね、御礼申し上げます。
  1. 2009/06/10(水) 20:38:55|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神奈川県の つくしちゃん-魔法のメガネの寄贈に関連して


神奈川県下の800校の小学校へ、2,000冊超の「魔法のメガネ」を寄贈する。…このお話は、もともと一人の小学生の共感から、生まれたものです。


----------------------

つくしちゃんは、小学校6年生の女の子。
平和に関する作文を書くという学校の宿題で、資料を探して、「平和の絵本」のwebを見てくれたそうです。
お母様が、ご自分のBLOG(⇒自宅学習で中学受験)で、「一輪の花」をご紹介してくださいました。(⇒ありがとうブログの当該記事
御礼を申し上げたところ、お母様から、こんなメールを頂きました。今年の1月のことです。

> 初めまして。
> 6年生の娘・・・学校の宿題で「平和」について資料を捜す宿題がありました。
> 「平和」についての作文を書くのだそうです。
> 検索をしている間に、このホームページに出会うことが出来ました。
> 読み終わった後に、二人とも泣いていました。
> どんなことを書こうか・・・悩んでいた娘の心は決まりました。
> 「一輪の花」をすべてプリントアウトして学校へ持って行きました。
> 担任の先生に見せたところ・・・先生も読んで・・・考え込んでいたようです。
> 「これ・・・先生も家で検索して調べてみる。他の物も読んでみたいから・・・」
> そうおっしゃっていたそうです。


御礼まで、「魔法のメガネ」を1冊、つくしちゃんにプレゼントさせていただきました。(⇒活動日誌当該記事
そうしたら今度は、お父様からメールを頂きました。娘に絵本をありがとう、とです。
そのお父様は、神奈川県新聞販売組合の理事をされていたのです。

…それから5ヶ月。
6月8日の総会で、創立30周年記念事業として、「魔法のメガネ」の神奈川県下の小学校約800校への寄贈が正式に決定されました。

つくしちゃん、それからお父様、お母様。今回のお話は、平和の絵本にとって、とっても大きな前進です。
本当にありがとうございました!!  m(--)m

  1. 2009/06/10(水) 14:47:40|
  2. ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レインボー様―子どもを犯罪者にする方法


レインボーさんから、絵本「子どもを犯罪者にする方法」へ、以下の通り、ご感想・メッセージをいただきました。レインボー様、ありがとうございました。

☆メッセージの発信、がんばります。(^^)

----------------------------------------------------
 ためになる絵本をありがとうございました。私は、臨床心理士を目指している保育士です。子どもの心と家庭問題に視点をあててた研究をしようと研究書を作成しているなかで、この絵本に出会いました。本にかかれてることは、私も共感しています。私にとって、確信と背中を押してくれる1冊になりました。これからも、社会へのメッセージを絵本で発信してください。
  1. 2009/06/07(日) 14:05:58|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ねこだいすき様―終わりの無い物語


ねこだいすきさんから、絵本「終わりの無い物語」へ、以下のご感想をいただきました。
ねこだいすき様、ありがとうございました!!m(ーー)m

----------------------------------------------------
なんか、自分は正しい事をしているはずなのに、本当は自分も悪の行動をしているのですね。それは、誰が悪いとか関係なしに、他の人には理解してもらえない事がネックになっている。物事を見極めるには、深く人と関わらなければならないと思う。そして同情ではなく正しい判断が必要なんだ。
  1. 2009/06/07(日) 14:01:13|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕