ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2013年03月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

昨日今日明日佳様 -リンゴ異文化騒動記


昨日今日明日佳様から、絵本「リンゴ異文化騒動記」に関連して、以下のメッセージをいただきました。
昨日今日明日佳様、いつもありがとうございます!

----------------------------------------------------
東郷さんいつも素晴らしい絵本をありがとう。いつも新作も含めチェックしています。全部読みました。この本もわかりやすくて良いですね。欧米は公正の文化日本は愛の文化として見ていました。今の日本人の葛藤がよく表れてると思います。お互いの文化を理解し合っていけたら良い交流ができるのかな?良い交流をしようみたいな理想は中々描きづらくはあるけれどもし国境がなかったら?資本主義経済の大量消費大量廃棄がなくなって、お金の価値に重きが置かれなくなって人々がみんな住みたいところに住めたら世界はどうなってしまうのかな?って考えたことがあります。それも1つの理想かな?
  1. 2013/03/15(金) 11:09:37|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライアン様 -教育マシン


ライアンさんから、以下の通り、絵本「教育マシン」に関して、ご感想をいただきました。
ライアン様、ありがとうございます!


----------------------------------------------------
こんばんわ 
大学生です。家庭の雰囲気が悪く、兄弟との仲が悪い中、なぜこんなに兄弟で憎みあっているのだろうと思い、「憎しみの連鎖」と検索すると、このサイトの、「終わりのない物語」という絵本を見つけて読んで、それからこの善悪の考えに関する絵本をいろいろ見ました。
この「教育マシン」を読んで、なぜ多くの人に善悪という判断基準がよく浸透しているか分かった気がしました。
善と悪だけで物事を判断すればいいならとてもわかりやすいし、楽だと思います。特に集団の間での話になると、集団ではみんなの考えを統一しないといけないので、善悪という考えがあれば、とてもわかりやすいので、集団をまとめるのにも使えると思います。仲間も作りやすいし、敵もわかりやすい。いじめや戦争でも、誰かを攻撃するのに便利な考えだと思います。
わかりやすいから、親が子供にも教えやすい。人間にとって便利な判断基準だから、誰もが持っているんだと思いました。
考えを思いついたままに書いたのでわかりにくいと思いますが、とても自分の人生の参考になりました。ありがとうございました。
やっぱりこういった問題は人間一人ひとりが自分の心を見つめなおして、内的なものに向き合わないと解決しないと思うので、このように、多くの人々に知らせる、伝えるということは大切なことだと思います。
  1. 2013/03/14(木) 01:42:32|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

嶋田不二雄様 -愛する人が殺されたら


嶋田様から、絵本「愛する人が殺されたら―復讐の相手―」に関して、以下のメッセージをいただきました。
嶋田様には、フェイスブックやツイッターで何度と無く、平和の絵本のご紹介をしていただいています。嶋田様、いつもありがとうございます!

----------------------------------------------------
『原因に復讐する』当たり前のようで、おそらく誰も出来ないことなのでしょう。あまりにも深遠なテーマです。でも、これをやらない限り地球上から戦争は無くならないでしょうね。私も反省することばかりです。
  1. 2013/03/11(月) 17:34:17|
  2. 感想文:絵本「愛する人が殺されたら」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad