ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

2013年10月:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

占い処 いまここ 様 -スポンサー


去る8月から、平和の絵本のWEBに広告の募集を始めた。(→活動日誌 広告主の募集
各絵本のトップページで年間5万円。WEBのトップページは少し大きく年間10万円。

募集を始めて2か月が過ぎ、ついに、広告主第一号となってくださる方が現れた。
それもトップページへ!!

さて平和の絵本では、過度に政治的にならないように、ずいぶん注意深く、バランスを取るように考えてはいるが、そこは平和の運動。政治的なこと、世界平和といったこと、社会問題といったことに関しては、現代日本は大変に内向きであり(そこにはもちろん、理由があるのだけれど)、ビジネスとは峻別する、というのが主流になっている。

つまり、サッカーやコンサートなどスポーツや芸能には企業は大金を出してスポンサーになるが、平和の絵本のような、ちょっとでも政治の匂いがするものは、もうそれだけで企業のスポンサーの対象外となる。それがたとえ、世界に気づきを広め、本気で世界平和を達成する、というものでも、例外ではない。

実際、かなり意識の高い経営者の方でも、「この人なら」とスポンサーになっていただくことを個別にお願いしても「ビジネスとは分けていますので」と断られることは日常的に経験することだ。

こういう中で、平和の絵本に広告を出す、ということは―僕が想像するに―相当の信念が必要であり、また勇気が必要だと思うのだ。

そこで、いったいどんな方が手を挙げてくれるのだろう、と実はとても楽しみにしていた。(→活動日誌 出会いが楽しみ

そんな中で手を挙げてくださったのは、6年以上前からのサポーターである溝渕さんだった。(→ありがとうBLOG 高知県の溝渕様
京都大学、高知県庁という異色の経歴を持つ占い師、溝渕さんは(→プロフィール)、現在、「占い処 いまここ」を主催されている。

その溝渕さんが、フェイスブックページで「先出しじゃんけん」という面白い言葉をおっしゃっていた。(→Now and here (占い処いまここ)) 正確な意味は分からないが、「今後、どんどん発展していく平和の絵本のトップページという、大変価値のあるスペースを、素早く動くというタイミングだけで押さえることができた」という意味ではないか、と僕は勝手に想像した。占いをする方へ、もしそう思っていただけたのだとしたら、ずいぶんと縁起が良く、光栄なことだ。(笑)

まあ、僕には占いは分からないが、平和の絵本はこれからもどんどん発展させていく予定。

●広告スペースについては、トップページ以外にもたくさんあります。早い者勝ちですので、よろしく。^^

何はともあれ、スポンサー第一号。(現時点での第一号。以前、単発ではありますが、おかべ整体院様に広告を頂いたことがあります。 →ありがとうブログ おかべ 整体院様
これは平和の絵本にとっては、とても大きな一歩となりうるのだ。広告主が増えて拡大再生産ができれば、世界を変える道が開くということ。(→活動日誌 平和達成のシステム完成?

広告主第一号ということは、平和達成のシステム完成へ向けて、ついに一歩を踏み出せたということに他ならない。

溝渕 様、占い処いまここ 様、本当にありがとうございます!!

ad_imakoko.jpg

  1. 2013/10/18(金) 18:25:53|
  2. 絵本のスポンサー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

創造性の泉 様 -ご紹介


創造性の泉というブログで、平和の絵本集や善悪中毒のことを以下の通り、ご紹介いただきました。
関連部分を一部、引用いたします(記事全体も大変に面白いのでリンク先をご覧になってください)。

→創造性の泉

創造性の泉様、ありがとうございました!

------------創造性の泉様より----------------

 「二元性のわな」の代表例は、やはり「善悪中毒」です。世の中に善と悪が存在し、私は善、あなたは悪とレッテルを張って相手を攻撃する姿勢がまさに病的です。しかしよく考えてみると、わたしたちはこの中毒に社会的にどっぷりと漬からされています。アンパンマンは正義の味方です。困った人を助け、ばいきんマンをいつもやっつけます。水戸黄門様は、悪の悪企みを阻止し、裁きを与えます。いわゆる「勧善懲悪」ものですね。これほど極端でなくとも、少し注意を向けるならば、あらゆるストーリーにこのモチーフが大なり小なり取り入れられていることが分かります。私たちはある意味、「善」と「悪」が存在すると社会的に洗脳されているのです。このあたりについて、絵本という媒体で分かりやすく人々に解説している人物がいます。東郷潤さんです。東郷さんは、そのものずばり「善悪中毒」という本も出版されています。

 アマゾンで「善悪中毒」を見る

 また、東郷さんが運営するサイト「世界平和への絵本集」はこちらです。

http://www.j15.org/
  1. 2013/10/16(水) 10:02:11|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

式神冷水様 -希望


式神冷水様から、以下の通り、絵本「希望」に関連して、メッセージをお寄せいただきました。
絵本「希望」は死刑を取り上げたものです。

式神冷水様、いつもありがとうございます!


----------------------------------------------------
己の罪は己でしか裁けないんじゃないですかね?
人は他人を裁くことはできるかもしれませんが、他人の罪は裁けないのでは?

簡単に言うと、罪を憎んで人を憎まず

聖書に「人を裁くな」という言葉がありますが、他人を裁くことは、己の罪を裁く、若しくは己の罪を自ら裁かせるのに妨げになるのではないですか?

もともと「罪」というのは、的外れという意味だそうですし

  1. 2013/10/02(水) 11:25:11|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

式神冷水様 ー寄付


式神冷水様から、3,000円のご寄付をいただきました。
式神冷水様からは、いままでに何度となく、ご寄付をいただいています。そして、魔法のメガネを、いろいろな方へご配布いただいています。

魔法のメガネを2冊お送りいたします。

式神冷水様、いつもありがとうございます!! とても勇気づけられます!^^

  1. 2013/10/02(水) 11:14:37|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

美容室ブラスパ 百瀬様 -寄付


美容室ブラスパの百瀬様から、9月24日づけで、5千円の寄付をいただきました。百瀬様は、前に何度もご寄附頂いています。
百瀬様、いつもありがとうございます!

→美容室ブラスパ
  1. 2013/10/02(水) 10:55:40|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

志情(しなさき)の海へ 様 -パブロフの犬


志情(しなさき)の海へ というBlogで、以下の通り、パブロフの犬をご紹介いただいた。
ありがとうございました。

-------------------志情(しなさき)の海へ-------------------------


http://www.j15.org/Picturebook-Pavlov/ ←パブロフの犬を検索するとこのサイトが出てきた。短い寓話風のアニメ映像もたくさん紹介されていて、この地球社会のありようを風刺している。鋭く、ひやりとするテーマが並んでいる。
  1. 2013/10/01(火) 10:36:10|
  2. 感想文:絵本「パブロフの犬」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0









































本ブログとは無関係の広告;[〕