ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

OBLDA 様:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

OBLDA 様


OBLDA様から、「魔法のメガネ」へご感想をいただきました。
OBLDA様、本当にありがとうございます。

なお、OBLDA様からは、「一輪の花」へのご感想も頂いています。
また、掲示板でご紹介もいただきました。
M(--)M


-----------------------------------

「魔法のメガネ」について

人間は偽りの平安を得る為に善人と悪人とを分けたがる。

何故なら分からないことが不安だから。

どうして「悪いこと」をするのか、

誰が「悪いこと」をするのか。

自分や自分の身の回りに危害が加わらないかが心配なのでしょう。



「普通」の人間が犯罪を起こすとは考えたくない。



本当はただそこに人間がいて、行動する。

その行動に白と黒の色を付けて分けているだけ。



本当は誰かを裁く資格など、誰一人として持ってはいない。

そう思います。



「公共の為に」見せしめに人を殺すことも

実際には「殺人罪」です。

かといって「死刑」を失くせとは言いません。

けれど、誰もが犯罪者であることを自覚すべきであると思います。



何処に潔白な人間がいるというのでしょう?

ヒーローが「英雄的死」を迎えた時、沢山の人が泣くでしょう。

けれど、ダークヒーロー、所謂悪人がその死を迎えた時、何人の人が泣くでしょう?

「同じ人間」なのに

私は正直、ホッとします。

人が死んでホッとします。



私は間違いなく「殺人者」です。

綺麗ごとは言いません。



どうでしょう?

私は「悪者」ですか??

あなたは「何者」ですか??
関連記事

  1. 2006/07/10(月) 11:00:56|
  2. 感想文:絵本「魔法のメガネ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<OBLDA様 - 一輪の花 | HOME | かっさん様>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/121-2c8ae770









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad