ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

はむれっと様 -罰とイジメと自殺のロンド:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

はむれっと様 -罰とイジメと自殺のロンド


ハンドルネームはむれっとさんから、以下の通り、絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へご感想、ご意見を頂きました。
はむれっと様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
自己紹介は名前を見れば大体分かって貰えると思いますが、
こんな(http://hamlet.soreccha.jp/)を始めまして、
彷徨い込みました。

失礼ですが、善悪中毒に毒されてるのは、東郷潤さん貴方の方だと
思います。
善の反対は悪、それは間違いない。
戦争の反対は平和、それも間違いはない。
でも反戦と平和は違います。
善をプラスとし、悪をマイナスとします。
マイナスでなければプラスか?。
答えはノー、プラスとマイナスの間にはゼロが有る。

もう一つ、この絵本はみな一次元の話として書いてある様に思われます。
でもこの世は2次元3次元多次元なのです。
一次元だけで善悪を決める事は出来ない。
絶対的答えなど無い、近似値が存在するだけ。
一次元をみて善悪を決める事は大変危うい。
他の一次元では善でもなく悪でもない事が存在する。
ゼロでないゼロが存在する。

この話(罰とイジメと自殺のロンド)を読んで、
何故自殺するのかが解ってますか?。
自殺する子の次元が一次元だから、
そして一次元の中のゼロを教えないから。
違う次元に逃れる方法が自殺しかしらないから。
違う次元に逃れる方法に学校を変わるとか止めるとか
知らないから。
そして、死というゼロに気付いたから。
気付かなければ、自ら死ぬ事は無い、死ぬ迄。
そうではないでしょうか?。

善悪中毒というのは善悪、正邪、戦争平和、
2元論の事でしょう。
何でもどちらかに決め付けてしまう事でしょう。
白黒どっちか?。
でも白と黒の間は灰色、そして赤青黄色・・・
それは何処かに書いてらっしゃいましたね。
色は3次元の広がりを持つものなのに
1次元のしかも白黒2元に決め付けることは
間違いだけど、それをしてしまうのが
善悪中毒とお見受けした。

この絵本は良い本かもしれない。
子供は学校の先生の言う事をあまり良くきかないものだから。
ガキ大将やいじめっ子の事を反面教師として良く聞き分けるものだから、
この絵本は反面教師として描かれてるきがします。
そう言う意味で良い本かもしれない。
でも正面教師とは言い難い。
キリスト教にお詳しい様ですけれど、
仏教の方も囓ってみると違う世界が見えて来そうなきがしますが、
いかがでしょうか?。
----------------------------------------------------
関連記事

  1. 2008/10/21(火) 11:12:22|
  2. 感想文:絵本「罰とイジメと自殺のロンド」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<はむれっと様 -子どもを犯罪者にする方法 | HOME | 狭山市の清水様、田中様、川田様、金野様、中野様、大林様>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/400-697bc9f0









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad