ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

Motchan様 -魔法のメガネ:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

Motchan様 -魔法のメガネ


Motchan様から以下の通り、絵本「魔法のメガネ」へ、ご感想・メッセージをいただきました。
Motchan様、ありがとうございました。m(--)m

----------------------------------------------------
そもそも世の中に善悪が存在するのでしょうか。
僕はそうは思わない。 

私的に善悪と区分するのは、複雑な社会を理解するうえのひとつの簡便な方法ではないでしょうか。 自分に都合の良いものを善、都合の悪いものを悪と区分するのは、誰もがやってることです。
雑草とか害虫だとかの類の言葉でしょう。

そんな主観的な判断を、あたかも普遍的な価値観だと思ってる人がいること、には閉口してしまう。 また、聞く人に普遍的な価値観だと思わせ、思考を停止させてしまう、困った魔力のある言葉ではある。 

みな自分の好悪を言うと角がたつので、善悪という言葉に置き換えて言ってる。 そんな「魔法のコトバ」である。 「魔法のコトバ」をすてて、自分の価値観を好悪で言うのは、メガネじゃないけど勇気のいることです。

この絵本を見て2点気になるのは、「善悪が存在する」という前提で話が進んでいることと、問題解決した後の明るい未来が見えてこないことです。

このほかにも、自分の嫌いな魔法の言葉があります。
「正義」と「愛国心」
誰もこの言葉を唱えなかったら、戦争は起こらなかったはず。

余談ですが、「正義は勝つ」というのは当たり前だとおもいます。なぜなら、勝った国も負けた国も正義を唱えて戦争を始め、勝敗が決したら勝った国の言い分が通るのだから。


関連記事

  1. 2009/01/25(日) 19:29:53|
  2. 感想文:絵本「魔法のメガネ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<東京都の廣岡様 -寄付 | HOME | ロン様 -罰と虐めと自殺のロンド>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/428-94fb5591









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad