ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

長根兆半 様 -怯える人々:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

長根兆半 様 -怯える人々


長根兆半さんから、早速、新作絵本「怯える人々」へご感想をいただきました。長根兆半さんからは、これまでも何度もご寄稿いただいています。

長根兆半様、いつもありがとうございます。m(--)m
----------------------------------------------------
これね、『疑心暗鬼という鬼は、他人に住まうものではなく、自分の中に住んでいる』・・・・と言われますね。鬼とは、畜生を代表しているわけですが、畜生の命(心)・・・生態などをTVで見ますと分かりますが、常に周りを警戒し、自分より弱いと見ると噛み付き、強いと思えば逃げる。暗闇では相手の姿が見えなく、ただ自分の思いだけで行動をとるのですね。そのときに出るのが、この絵本の場合は、畜生と同じ命(心)なのだと思いました。

----------------------------------------------------

以下、長根様から以前、ご寄稿いただいたものです。

長根兆半様 ―絵本「愛と嘘」:「平和の絵本」から、ありがとう
長根兆半様 -生命の希少価値(エッセイ)
長根兆半様 -原爆への復讐
長根兆半様 -一輪の花:「平和の絵本」から、ありがとう
長根兆半様 -良い子にならなきゃ
長根兆半 様 ―悪と罰:「平和の絵本」から、ありがとう
長根兆半様 -善悪に関するご意見
関連記事

  1. 2009/07/07(火) 17:40:14|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<krone美容室 inoue様 -怯える人々 | HOME | 五島 優 様 -リンク>>

コメント

怯える人々

ハイ、五島 優 様、私もそのように心得ております。絵本では、暗闇、と言う設定ですが、暗闇と言う環境が縁となって、本能が出た。もともとあるから出たので、無ければ出ないと思います。暗闇が春の明るい野原になれば、楽しい、嬉しいと言う心が出るかと思う。つまり、喜怒哀楽といわれる心の変化は、いつも環境の変化によって引き出されるのではないでしょうか。しかもそれは人様々かとも思います。暗闇でも、絵本の主人公のようになる人、安心を得る人、夢を想像する人、探求する人などなど。同時に暗闇以前の状態をも引きずっている事も解ります。暗闇ではこうなる。と言う観念を作ってしまう事が私は怖い気がいたします。
  1. 2009/07/09(木) 22:40:01 |
  2. URL |
  3. 長根兆半 #IZcoHMD6
  4. [ 編集]

畜生と言う事は、本能と言う事で、誰にでもある思い、誰にでもある心の一つだと思います。
  1. 2009/07/08(水) 05:02:36 |
  2. URL |
  3. 長根兆半 #IZcoHMD6
  4. [ 編集]

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/472-a7f8ae23









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad