ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

krone美容室 inoue様 -怯える人々:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

krone美容室 inoue様 -怯える人々


krone美容室 inoue様から、新作絵本「怯える人々」へ、以下の通り、メッセージを頂きました。
krone美容室様には、以前、リンク・ご紹介もいただいています。(⇒クローネ美容室様 -リンクとご紹介:「平和の絵本」から、ありがとう

krone美容室様、いつもお気に掛けてくださって、本当にありがとうございます。以前、お言葉をいただいたとおり、淡々と根強くやっていきたいと思っています。(^^)

今後ともよろしくお願い致します。m(--)m

----------------------------------------------------
人はなぜ怯えるのでしょうか?
と、命題を突きつけられているようです。
人類が誕生するときから恐怖心は持ち続けているのでしょうね。
怯えることを少なくするカラクリを見つけたいものです。
またホームページリニューアルの時にリンク貼らしてもらいます。
----------------------------------------------------
関連記事

  1. 2009/07/07(火) 17:50:48|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<のんたま様 -怯える人々 | HOME | 長根兆半 様 -怯える人々>>

コメント

怯える人々

凄くいい疑問だと思い、コメントしたくなりました。お邪魔します。
『怯えることを少なくするカラクリを見つけたいものです。』(抜粋)
私が持っている結論めいた事は、恐怖・怯えは『死』に対する根本的な恐怖から来るのではないかと言う事です。
人はなぜ食べる? 病気になるとなぜ医者に診て貰う? これは死にたくないという欲だと思う。生きたいと言う欲望の半面に死があると思います。日常、死ぬ気になって頑張れ、と言う言葉を使う事があります。これは、恐怖や弱虫を克服したい、しなさい、と言う事だと思う。
生死の問題は思い切り難しいと思いますが、答えの一部でも発見できると、人生に沈着観が出る気がしています。しかし、厭世史観は否定します。
人間は、死後に救われたいのではなく、今救われたいのですから。失礼いたしました。
  1. 2009/07/10(金) 18:47:39 |
  2. URL |
  3. 長根兆半 #IZcoHMD6
  4. [ 編集]

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/473-37f1e1eb









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad