FC2ブログ
ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

夢兎様 - 優しい巨人:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夢兎様 - 優しい巨人


夢兎様より、絵本「優しい巨人」へ、以下の通り、ご感想・メッセージをいただきました。
夢兎様、ありがとうございました。

----------------------------------------------------
私はこのお話に、あるていど共感しています。
これは戦争だけでなく、人間関係にも当てはまると思います。
人はよくある人が自分に反感を持つと、やってはいけないと思っていても、その人物に『悪人』というレッテルを貼ってしまいいます。そして、こちらからもその人に対して反感を持つようになります。

この物語には高い理想があります。でも、残念ながら私たち人間のような罪深い体質の持ち主には届かない目標でしょう。皆それぞれ強く信じている『平和』が統一していないからです。だからドイツでも、ロシアでも、中国でも、彼らの理想にもとずいた革命を起こしたとしても、平和が続くことはありませんでした。最終的には違う考えを持った市民たちを『平和のため』といい片っ端から排除した後、「多少の犠牲はひつようだ」などと理由を付けその行動は正しいと言い張ります。

「平和とは何か」、「誰が本当の悪人か」、その答えを探すことは本当に重要なのでしょうか。私は今世界に最も必要なのは真のゆるしと愛だと信じます。私はそれは主、イエスキリスト、しかから授かることのできない物だと信じています。真の愛と慈しみは彼からしか教わることができません。でも私でも実際に行動に移すのは難しいです。親友のことさえも妬むことがあるのに自分の親の敵を愛せますか、ゆるせますか。
これは人類が滅びるまで一生の難題でしょう。
関連記事

  1. 2009/10/03(土) 22:49:21|
  2. 感想文:絵本「優しい巨人」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<夢兎 様 - 私は悪人です | HOME | 茅野市の富塚様 -ご寄付>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/500-5f90abc7









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。