ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

yurika 様 ―終わりの無い物語:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

yurika 様 ―終わりの無い物語


yurika さんから、絵本「終わりの無い物語」へ、以下のご感想、メッセージをいただきました。
yurika 様、ありがとうございました。m(--)m

----------------------------------------------------
とても考えさせられる話でした。怒りや憎しみ、復讐心は人の見方を狭くすると思います。この話の中でも誰かが理由をちゃんと聞く余裕を持てたならどこかでとめることができたのではないでしょうか。殺人は悪いことですが、原因を聞いて、殺人を容認しなくても同じ殺人で解決しない方法もあったはずです。怒りという感情は抑えがたく、一度湧き上がるととめるのが難しい感情です。でも時を置けばこの感情も冷静になって判断することができるようになります。そのちょっとの余裕が持てたらいいなと思います。私は腹が立ったらその場所を去ったり、話をやめるようにしています。いつもできるわけではないですが、そうるように努力しています。後で考えたらそんなに腹を立てるようなことでなかったりするものです。殺人は腹が立つたたないで解決できるものではないですが、感情が先にたつと必ず相手にも同じ思いをさせたくなるのかも知れません。ただ親しい人を殺されるとその心の痛みもわかります。同じ思いをあいての家族や親しい人に味合わせたいのか、ちょっと時間を置けば判断できるのではないでしょうか。
正しいことを愛する気持ちとその気持ちが人を殺人に駆り立てることがあるのも考えさせられました。復讐が正しいというような考えを持たず原因をなくす努力をしたらよいと思いました。でもいろいろ考えさせていただき、ありがとうございました。
関連記事

  1. 2009/11/24(火) 11:48:47|
  2. 感想文:絵本「終わりの無い物語」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<はん様 -ある星の飲酒運転 | HOME | 中学3年の男子様 -子どもを犯罪者に育てる方法>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/517-5cf5ea7b









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad