ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

kuroneko様 -子供を犯罪者に育てる法:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

kuroneko様 -子供を犯罪者に育てる法


kuroneko(黒猫?)様から、以下の通り、子供を犯罪者に育てる方法へ、ご感想をいただきました。
kuroneko様、ありがとうございました。

なお、読みやすいように、東郷が日本語タイプをしています。もし間違いがありましたら、ご指摘ください。


--------------
hajimemashite
nihongo ga utenai kankyou nanode yomizurai kato omoimasuga oyurushi kudasai.

watashiha mousudeni seijin shi kako wa kako de kubetsu wo shite wa imasuga
watashi no haha wa masani zen aku dake wo oshieru oya desu.
ima demo, tatoeba asa haha yori osoku okireba "warui", keitai den wa wo machigatte kakereba "warui",
wasuremono wo suruto "warui", souiu kangaekata shika dekinai hitonanode
watashi wa masani kono ehon no kodomono youni sodateraremashita,
watashi wa mou kodomo de wa arimasenga, konoyouni sodateraretanode
hanzaisha ni naruno deshuoka.


---以下、日本語タイプしなおしました----------


はじめまして
日本語が打てない環境なので、読みづらいと思いますが、お許し下さい。

私はもうすでに成人し、過去は過去で区別をしてはいますが、私の母はまさに善悪だけを教える親です。
今でも、例えば朝、母より遅く起きれば、「悪い」、携帯電話を間違ってかければ、「悪い」
忘れものをすると「悪い」 そういう考え方しかできない人なので、私はまさにこの絵本の子供のように、育てられました。

私はもう子供ではありませんが、このように育てられたので、犯罪者になるのでしょうか。

人を殺すのでしょうか。

とてもとても心配です。どうせどう育てられたかは変えられないのだから、大人になって、いっそ人殺しをすれば、人を殺さない理由はありませんよね。

悪い悪いといって育てられ、私は悪くないと何十年もかけて、乗り越えてきたのに、今、こうして偽善者のように、笑顔をふりまき、素晴らしい絵本であるかのように、発表なされて、私はとても大きな声で、「おまえこそ悪い人間だ、殺人者になるだろう」と言われているみたいです。

吐き気がします。


hito wo korosu no deshouka.

totemo totemo shinpai desu.

douse, dou sodateraretaka wa kaerarenainodakara,
otona ni natte, isso hito goroshi wo sureba hitowo korosanai riyuu wa arimasen yone.

warui warui toitte sodaterare, watashi wa waruku nai to nanjuu nen mo kakete
nonikoete kitanoni
ima, koushite gizensha no youni egao wo furimaki subarashii ehon de arukanoyouni
happyou nasarete, watashi wa totemo ookina koede 'omae koso warui ningenda, satsujinsha nia narudarou' to iwareteiru mitaidesu.
hakike ga shimasu.
関連記事

  1. 2011/08/06(土) 00:56:18|
  2. 感想文:絵本「子供を犯罪者にする方法」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Noriyuki Koshiba様 -村の少数派 | HOME | 小田原市の山田様 ―寄付>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/620-ac0b1d4f









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad