ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

金原徹雄 様 -ご紹介(メルマガ):「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

金原徹雄 様 -ご紹介(メルマガ)



和歌山の弁護士、金原徹雄さんが、御自身のメルマガで以下の通り、平和の絵本を大きくご紹介してくださいました。これはもともと僕のMIXIのお友達である芝野さんのご紹介によるものです。

金原様、芝野様、本当にありがとうございます!!!


------------------------------------



「平和の絵本 世界平和への絵本集―愛と癒しと和を地球へ」サイトのご紹介
 メルマガ金原No.518をお届けします(2011年8月25日現在の読者数146名)。

 今日は、原発問題とは少し離れた話題です。
 和歌山市在住の読者・芝野絢子(しばのあやこ)さんから教えていただいた興味深いサイト
をご紹介します。
 それは、「平和の絵本 世界平和への絵本集―愛と癒しと和を地球へ」というサイトです。
   http://www.j15.org/

 東郷潤さんという方が運営しておられるサイトのようで、東郷さんの著書『善悪中毒』(リベ
ルタ出版/2004年5月刊)の出版社サイトの「著者について」によれば、
  http://homepage3.nifty.com/pub-liberta/627.html
 「東京大学卒。10年間の銀行員生活の後、オーストラリアへ移住。現地コンサルタント会
社勤務を経て、コンサルタント/貿易会社を設立。現在に至る。趣味は瞑想。東郷潤は、
『善悪中毒』から人々を癒すため、全世界へメッセージ絵本を贈るボランティア活動を主催し
ています」
とあります。もっとも、刊行から7年以上経過しており、今でもオーストラリア在住なのかどうか
についての調べはついていません(同氏のTwitterhttp://twitter.com/#!/JunTogoをフォロ
ーすれば分かるかもしれませんが)。
 ちなみに、メルマガ「世界平和は僕らの手で。愛と癒しと平和の絵本!」第52号(2011年
5月1日/http://archive.mag2.com/0000196669/20110501145153000.html)に、
「僕は海外にいたこともあり、反原発運動には無縁で原発への知識も限定的なものでした」
とありますから、既に帰国されているのかもしれません。

 さて、前置きはこの位にして、「平和の絵本」です。
 サイト管理者(東郷潤氏)の言葉を引用します。
(引用開始)
全ての「平和の絵本」に共通するテーマは和の心です。
●大きく言えば、平和の絵本のテーマは世界平和の達成です。戦争、テロ、民族・宗教の
対立といった、様々な悲劇の根本原因・心理を明らかにし、解決・癒しへの道を示すという
ことです。
●より小さく言えば、平和の絵本のテーマは、いじめ、愛の歪み(家庭内暴力、サディスム、
不信、嘘など)の原因・心理への気づきを広げ、癒しへの道を開くということです。
●さらに小さく言えば、個人の内面/心の葛藤・抑圧・トラウマを癒し、心の平和を達成す
る道を開くということです。
(引用終わり)

 これを読むと、「ガスコン研究所」の管理者が、「素直な感想を述べると、申し訳ないが、最
初は、ちょっと『引いて』しまった」と書かれているのももっともと思われます。
  http://gascon.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_8545.html
しかし、「すべての絵本を見れば、東郷氏がマジメに取り組んでいるのがわかる。第一印象が
『引いて』しまったのは、あまりのストレート球に、目が眩んで体が『引いて』しまったのだ。でも、
なんのてらいもなく、直球勝負を挑み続ける氏の姿勢は、本当にスゴイと思う」という意見が
続いており、いくつかの作品を読んだ私の現時点での感想ともほぼ符合します。
 ただ、どれから読むかということですが、紹介者の芝野絢子さんが「私のお気に入り」と書か
れていたのが、
『平和主義?―なぜ人は切れるのか? 通り魔殺人と善悪中毒― 』
  http://www.j15.org/Picturebook-Pacifism/17.htm
『希望;死刑囚の希望と想像の世界』
  http://www.j15.org/Picturebook-Hope/index.html
『子どもを犯罪者に育てる方法』
  http://www.j15.org/Picturebook-JuvenileCrime/index.html
『見下せるよ』
  http://www.j15.org/Picturebook-LookDown/index.html
の4本でした。
 いずれも興味深い作品ですが、私がこれに付け加えるとすれば、
『魔法のメガネ』
  http://www.j15.org/Picturebook-Glasses/index.html
『僕らは主権者』
  http://www.j15.org/Picturebook-Sovereign/index.html
といったところでしょうか。
 様々なことを考えさせてくれるサイトをご紹介いただいた芝野絢子さん、ありがとうございまし
た。
 
関連記事

  1. 2011/08/29(月) 14:45:00|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ちうえ様 ―ご紹介 | HOME | あまぐり 様 -ご紹介>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/626-65bc6771









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad