ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

wakasugi様 -常住死身:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

wakasugi様 -常住死身


wakasugi様から、絵本「常住死身」へ、以下のご感想を賜りました。共感していただけたとのこと、大変、勇気付けられます。^^
wakasugi様、ありがとうございます!!

----------------------------------------------------

常住死身、読ませていただきました。
感想、書かせてもらいます。

”死”というテーマ。
私たちの多くの人は、目をそむけている現実があります。
確かに、死ぬことは、悲しいこと、怖いこと。

その現実を、よく表してくださっている内容だなと思いました。

まるで、生きていることが当たり前のように、私たちは生きてしまっているところがある。

私たちは”死ぬ”ということは、現実的ではないかのようなビジョンを持っています。

でも、この物語にもありました、生まれてきたということは皆死んでいくということ。

それは何でもない、当たり前のただの現実です。

人の生とは、ただ早く終わるのか、遅く終わるのか、それだけですね。

そして、自分で選択し終わるのか、出来事によって終わるのか、寿命により終わるのか、それぞれの形がありますね。


私たちは臆病です。

なかなかありのままを客観視する機会の難しい、社会の中にいます。

もしかしたら、そんな世の中が、そのような精神を生み出してしまっているのかもしれません。

そんな世の中にとって、このような内容の物語はとても、私たちにとって必要なものなんじゃないかと思いました。

ありのままを受け止めるには、すこし勇気が必要かもしれない。

でも、ありのままを理解することで、今この瞬間、生かされているということ、たくさんの犠牲によって生きているということも、すこしでも理解して、自分自身の生というものをすこしでも尊いものに感じ、現実をみて、生きる事もできるのではないかとも思います。


とても、興味深い物語を作ってくださり、ありがとうございました。

たくさん共感をさせてもらえた内容でした。
関連記事

  1. 2012/03/18(日) 00:54:16|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<東京都の柴田章様 -寄付 | HOME | こま様 -常住死身>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/668-999d2b3f









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad