ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

さぬき君様 -宇宙の異教徒:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

さぬき君様 -宇宙の異教徒


さぬき君様から、新作絵本「宇宙の異教徒」へ、次のご感想をいただきました。
さぬき君様、いつもありがとうございます!

------------------

聖書や教典ってようは自分らが唯一の神のブランドです
今風にいうとうちらが唯一の神の公式ホームページです
神のつぶやきの唯一のアカウントです。

ってことですよね(苦笑)
必死やな。。て思いました。
愛で包み込む神ではなく、
恐怖で鎖のようにがんじがらめにする神様なんですね人間の頭だけにいるフィクションの神さまは。
その必死さ
信じさせる必要性故に、
従わせる必要があるからこそ、
平気で異教徒は命を奪ってよしといった過激さ
攻撃性が発生するんだなて思いました。
恫喝じゃないですかこれ。
神様の恫喝て。。コントじゃないんだから。
神様つうよりやくざの親分ですよこんなの(苦笑)


そりゃ世の中で争いが絶えないわ。て思いました。
だって神さまの心は必要性で満ち満ちているんだもの。
足りないものだらけで
不安だらけ。
そんな神さまのコピーである僕らは、
そりゃ平和に満ち足りた生活暮らせないわて感じです。
(想像上の)神様が恐怖で満ちているからこそ、

こんな物語を踏襲して現実を展開
創造してるんだから。
何千年も。
(何万年?
超古代文明が破滅して海に沈み大洪水が起こって以降に今の世界観神様像は生まれたと僕は思ってます。)

認識大前提をおもいっきり間違ってたら、
いくら皆に平和を願う心があろうと、
ありますよね深い望みとして、
いくらあろうともその平和にはたどり着けませんね。


世界の解釈として必要性の神様が大昔の人たちによって誕生したらしい。ですが、
ただの推測がいつの間にか真実になっちゃった。
ってことなんでしょうか。
最初に生まれた物語が違っていたら、
今の物語もまるで違ったものになっていたのかもしれません。
解釈や認識定義と現実や世界の創造は密接に繋がってるんやなて思いました。


先生が善悪の錯覚を書き続ける理由もきっとそこなんですね。
人間にとっての善悪は、
オセロの隅のマスのようなもので、
ここの認識をひっくり返せれば人間世界の盤面は平和的
調和的に変化が起こるのかもしれませんね。
いやきっと起こるのでしょう。
果たして今回の僕が生きている間にそれが見れるのでしょうか?
わからないけど、
僕はそういう世界が変わる日に立ち会いたいですね。
世界平和とは何百年とかかるウルトラマラソンとのことですが、
一回の人生では見届けるのは無理でも、
何度でも生まれかわって地球に生まれ落ち、
物語のラストまでつきあいたいですね僕は。
以上です

---2通目----


今先生が描いてる差別の絵本と神様の話もまったく同じだと僕は思いました。
最初の認識をおもいっきり間違えた。
善悪も同じですよね。
こんがらがってめちゃめちゃになった認識の糸をどうやってぴんと張った真っ直ぐの糸に戻すか

ということを先生はやってるんやなて思いました。
認識の綾取りみたいなのをやってるんやなと。
糸でなにか形を作るんじゃなくて、
出来上がってしまっためちゃめちゃな形をほどく為の作業が平和運動なんだなと僕は今思いました


---3通目----

パズルを解くといいますか、
でたらめでわけがわからなくなった人類の認識の配色を、
一面に揃える。
ルービックキューブの解き方みたいなのを、
先生は絵本でしてるんだなといった印象を今持ちます

関連記事

  1. 2013/08/16(金) 21:49:49|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<さぬき君様 -2対1,000 | HOME | 30代男性様 -平和の絵本へのメッセージ>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/720-f85da3a4









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad