ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

ユインシュタイン様 -善悪中毒三部作:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

ユインシュタイン様 -善悪中毒三部作


善悪中毒三部作と平和の絵本をご覧になったユインシュタインさんが、「このブログに書いてある事を読むと、99%の確率で心の健康を害しますので、良い子の皆さんは読んではいけません。」というブログで、感想文を書いてくださいました。
とても丁寧に読んでくださっていて、感動しました。^^
ユインシュタイン様ありがとうございます!

以下、ちょっと長くなりますが、該当部分を引用します。記事は二日間に分かれています。




-------ユインシュタインさんBlogより引用----

●●●●●●●●●●
追記(7月25日)
次に書こうと思っている記事は、「善悪中毒」についてなんですけど、もうちょっと時間が掛かりそうなので、先に予告だけしておきます。
「善悪中毒」というキーワードで検索すれば、一発で出てくるサイトがあるんですけど、2週間くらい前に、このサイトを見つけてから釘付け状態になってしまって、最初の1週間くらいは、良い意味で興奮してしまって、さっぱり眠れず・・・(汗)
なので、初めて、このサイトを見る人にとっては、ちょっと刺激が強すぎる可能性があるのですが、ちゃんと読み込んで、内容が理解できてくると、ものすごく画期的な事が書いてあるので、それが理解できたら、もう、こんなブログは見ても見なくても良いです!(笑)


-------ユインシュタインさんBlogより引用 なぜ戦争や原爆は無くならないのか?----


広島原爆の日と、長崎原爆の日が、68回目を迎えたとかニュースで言ってたけど、今まさに勉強中の「善悪中毒」と、ものすごく関連の深い事だと思ったので、急遽、ちょっとだけ記事を書く事にしました。

このサイトの画面の右上に「ブックマーク」という項目を持ってきて、「善悪中毒」のサイトへのリンクを目立つように工夫してみました。
できるだけ多くの人に、この「善悪中毒」という概念について知って欲しいです。

とは言っても、かなり内容的に深くて重くて複雑で、しかもデリケートな内容なので、今の段階での僕の理解度では、何を書いたら良いのやら?っていう感じなんですけど(汗)


・・・なので、超カンタンに書くと、いまだに世界中で起こっている戦争とか、原爆とか、いじめ、障害者差別、女性差別、人種差別、大量殺人などなど、多くの問題の根本的なところに「善悪中毒」という心理状態が潜んでいるという事らしいです。
そういう意味では、僕は「善悪中毒は死に至る精神病」という風に解釈しました(あくまで現時点での解釈なので、今後、理解度が上がってきたら変わるかも知れませんけど・・・)
逆に言えば、世界中の人々が「善悪中毒」という概念に気づきさえすれば、人類同士の悲しい争いは、ほとんど解決できるんじゃないか?とも感じました。
そして、世界は大きく変わるんじゃないか?とも・・・


ただ、この「善悪中毒」のデリケートな部分は、説明の仕方を間違えると、「聖書」とか「キリスト教」などの宗教に対する批判になってしまいかねないというか・・・
そういう部分については、「善悪中毒」の筆者の方も、かなり配慮して書いてあるとは思うんですけど、僕は読んでいる途中の段階では、つまり人類が「善悪中毒」になってしまった原因は、「聖書」という呪いの書物を、キリスト教の人たちが全世界に配布したからであって、その為に、世界中で多くの争いが起こるようになって、日本にも原爆が落とされてしまったんだ!という事を主張したいんだろうか?という風に勘違いしてしまったというか・・・(汗)
そういう部分についても、筆者の方は「聖書が原因だと主張してるのではない!」という風に注意書きをして、かなり配慮して書いてはあるんですけど、僕みたいな知能レベルの低い人間が、中途半端な読み方をすると、どうしても、そういう解釈になってしまいかねないような危険な部分もあるようで・・・
なので、かなりの覚悟が必要だとは思うんですけど、でもやっぱり、一人でも多くの人が「善悪中毒」について理解してくれたら嬉しいです!
そういう僕自身も、まだまだ理解が中途半端すぎると思っているので、ある程度、頭の中で考え方が、まとまってくるまで、繰り返し読んでみようと思ってます!
関連記事

  1. 2013/08/22(木) 17:40:48|
  2. 感想文:善悪中毒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<hiroshi 様 -ご紹介 | HOME | さぬき君様 -2対1,000>>

コメント

コメントの投稿(★スパムはご遠慮くださいね)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacepicturebook.blog29.fc2.com/tb.php/722-3cf98566









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad