ありがとうと感謝の気持を平和の絵本から。

:「平和の絵本」から、ありがとう

TOPへ-平和の絵本から、ありがとう!

「平和の絵本」への応援、ありがとうございます。直接、御礼を言えないことも多いのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べさせて下さい。またこのブログでは応援してくださる皆様の声も御紹介したいと存じます。

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

2月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
3月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>

  1. 2016/03/03(木) 09:53:17|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メダン様 -悪いことは悪い


メダン様から、絵本「悪いことは悪い」に関連して、以下のメッセージをいただきました。
メダン様、ありがとうございます!

------------------

悪い奴とはなんだろう?悪いことをする奴のことだろうか?
悪いこととはなんだろう?誰かを傷つけることだろうか?

なんで悪いことと戦わなければいけないのだろう?
誰もが傷つくことが嫌いだからじゃないだろうか?

戦うとはなんだろう?誰かをのけ者にすることだろうか?誰かを傷つけることだろうか?誰かを殺すことだろうか?
それだけが「戦う」ということなのだろうか?

悪い奴と戦って、悪い奴に勝てば、悪いことはなくなるのだろうか?
悪いことを無くすには、どうすればいいのだろう?

誰にとっても「傷つけること」になる事柄なんて、あるのだろうか?
誰もが傷つくことを拒絶しているのだろうか?

どうすれば悪いことを見分けられるのだろうか?どうすれば悪いことをなくせるのだろうか?

少なくとも、本当に戦うべきは「悪い奴」ではないだろう
  1. 2016/02/17(水) 14:19:32|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

むらかみ様 -誰が為の競争


むらかみ様から、絵本「誰が為の競争」に関して、以下のメッセージをいただきました。

----------------

■件名

素晴らしい。しかしさらに要望も

■メール内容
余暇があってこそ遊ぶ。遊ぶことが消費活動につながり、
それが良い景気を生む、という視点も欲しいです。
主張に関しては、完全に納得、同意です。


------------

ご指摘を受けて考えてみました。 実は絵本のP.16の絵で、ご指摘内容を表していたつもりだったのです。
とはいえ、僕の「つもり」はちょっと不足だったかもしれません。そこで絵本の中身に入れることも考えたのですが、ちょっと文章が長くなりすぎる感覚もあり、WEBページの説明の部分(P.16の上の青字部分)に以下の文章を付け加えてみました。

余暇の充実は趣味・遊びなどを通して、消費活動を活発化させ、景気を支え、経済発展を支えます。

むらかみ様、ご指摘ありがとうございました。<(_ _)>


  1. 2016/02/10(水) 14:38:40|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

1月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
2月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>

  1. 2016/02/02(火) 11:57:18|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やすっち様 -メッセージ「恐怖が支配する信仰心」


やすっち様が、平和の絵本をご覧になって、以下のご感想・メッセージをブログにアップされています。
やすっち様、ありがとうございます。



--------------➡恐怖が支配する信仰心--------------------

テーマ:社会問題
平和の絵本を見て思うこととして。

東郷潤さんの平和の絵本を見ての感想なのですが、
内容が多くなるのでブログ記事で書かせていただく
ことにしました。いくつかみて、それぞれ
はっきり思い出せないので、考えてきたテーマを
強調して書かせていただくことにしました。
記憶力が病気で悪い故にすみません…


聖ヨハネはこう言っています「神を愛していると言いながら、見たり触れたりすることのできる人、ましてや一緒に住んでいる周りの人を愛せないで、どうして見えない神を愛せると言うのか?」「あなたは嘘つきだ」と。読むのがこわくなるような言葉の一つ、けれども、それは実にほんとうのことなのです。
ツイッター、マザーテレサbotのツイートから引用

信仰心と献身無き信仰についての概念でよく考える
事は、私としては真っ先にヨハネの言葉が出てきます。
私自身が信仰心を持てない理由が集約されていますからね。

しかし、平和の絵本をいくつか見させていただいて、
どうも理由はそれだけではないと思いはじめました。
信仰のゆがみの本質は他にもある。それが恐怖という感情。

信仰と恐怖がセットになりやすい原因は地獄という存在。
キリスト教にも仏教にも地獄という概念はほぼ共通して
存在していますし、理屈としてはあまり変わりません。
ただ絵としての表現が違うだけで、だけど本質はほぼ同じ。

わたしも子供のころにはこの恐怖に脅かされたけど、
今は全然恐怖として認識していない。まあそれは、
精神が半分闇に落ちたせいだろう、私はこう見えて、
決して光に属する人間ではない。ただ単に、
光と闇の狭間でもがき苦しんでいるだけだ。
この汚れた世界で光を受け入れることは出来ない。
だから子供としての女児アニメの世界を追求するだけ。

個人的な話はここまでにして、問題はこの地獄という
定義である。この地獄という定義が人間を過剰な
正義に駆り立て、戦争などの殺し合いに導くという
見解に私はかなり感銘を受けた。これは正しいと思う。

私も作者さんと同じように、決して宗教そのものが
人々を戦争に駆り立てるのだと言いたいのではない。
動機が宗教からきていようと、戦争したがる邪悪な
心は我々人間自身の邪悪な心そのもので宗教は関係ない。

結局は私の自説どおり、人間自身が神を殺した結果
であり、私が追求するニーチェ哲学の見方に立ち返る。
私が一番言いたいのは、私のような無神論者が
急増する背景には、信仰の美しさをぶっ壊してしまう
無責任な信仰にある。私はそこを一番伝えたいのです。

平和の絵本で特に魔法のめがねに関しては、
少なくとも日本社会の人々は魔法のめがねと逆の性質の
魔法のめがねを悪魔から渡されたものだと思う。
結局、招く結果は同じなのですが、違うのはここから。
日本社会の場合は優しい人が悪人に見えるもので、
乱暴な人が善人に見えるというさらに悪質な細工が
施された魔法のめがねで、もっと性質が悪く複雑。

もちろん、いきなり善人と悪人を識別して見せてくれる
わけではないのだ。いきなり区別したら現実の話と
つじつまが合わないから、当然だと思うでしょう?

そこでよく考えて欲しい。日本では普段優しい人が
我慢を積み重ねた結果、限界を超えて破滅的な
行動に出る事件が増え始めている。おとなしい人ほど
切れると怖いと認識されているし、それは事実として
確かに存在する。これがその魔法のめがねの作用。

確かにそれは事実だけど、それは優しい人の
本質なんかではない。それは当たり前だ。
理不尽に散々我慢させてきて、限界を超えただけ
だから、善悪は別として、矛盾は何も無いのよ。
悪い事は悪いけど、矛盾は何もありません。
なのに何故、矛盾と思い込むかが問題です。

そして次に乱暴な人、一番分かりやすいのが成人式の
騒動。成人式で騒動があっても暴れた奴らが
清掃活動をするだけで賞賛されるツイッター民の反応って
何なの、私は悪いけどみていて物凄く不愉快です。
何様のつもりだろうと正直言いたいです。
前述の優しい人をここまで追い詰めて苦しめておいて、
乱暴な人を平気で甘やかせるのは不公平では無いかと。

乱暴な人が善人に見えてしまう魔法のめがねの作用で、
その勘違いのツイートをあなた方は繰り返していませんか?
別に吊るし上げて叩く事が良いとは言いませんが、
賞賛を贈るのもまたおかしいと思うのですよ。
こんな理不尽な事とをすれば、逆に被害者が
吊るし上げて叩く事を強いられるのでやめて欲しいです。
相手を殴る必要性を強いることは暴力の一つです。

良い事をしている気分かもしれませんが、不公平な
ジャッジは見えない当事者を苦しめます。よく考えて。

とまあ、結局私自身の私情がかなり入ってしまいましたが、
信仰と恐怖の問題点がなんとなく伝われば幸いです。
私はそこを一番訴えたいと思いましたが、自分だけの
言葉では難しいかもしれません。また何か良い
表現がそこから生まれることを切に願います。
  1. 2016/02/01(月) 17:28:31|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山田厚様 順子様 -寄付&メッセージ


山田厚様 順子様 ご夫妻より、2万円のご寄付と、以下のメッセージを頂きました。

------------------------------------------------------
世界平和に大事な1年です。無益な殺し合いではなく「和」を世界に
------------------------------------------------------


山田様は、インターネットのデモクラテレビ代表者の方で、以前より、サポートをいただいております。
山田厚様 順子様、いつも本当にありがとうございます!

→デモクラテレビ 
  1. 2016/01/05(火) 15:10:57|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

12月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
1月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>
  1. 2016/01/02(土) 17:35:52|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

るん様 -優しい巨人


るん様から、絵本「優しい巨人」へ以下のご感想を頂きました。るん様、ありがとうございました。

--------------

意味がよくわかりませんでした。主旨が漠然としすぎていて、読んだ後にとり残された気分になります。作者だけが何かを伝えたいという意識が強くても、そこをあいまいにしすぎては読み手には印象以外に何も伝わりません。誰かに印象が残るとしても曖昧模糊とした印象だけで、一時的になものにすぎないのだろうと思います。このような作品がインターネット上で検索して平和に関する・・というテーマででてくること自体が不思議で、本当に危機感があるとは感じられません。

  1. 2015/12/23(水) 23:46:03|
  2. 感想文:絵本「優しい巨人」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

松山市の高橋真様 -寄付


現在、平和の絵本では、絵本「日本独立の選択」の広告を、毎日1,000円超の費用をかけて行なっています。
来夏参院選前までを目途と考えているのですが、そうすると総額見込みで30万円~40万円となり、個人で負担するには、かなり大きな額となります。

そこで先日、サポーターの方々へ緊急カンパをお願いしたのですが、松山の高橋様がお応えいただき、本日1万円の寄付をしてくださいました。

高橋様には、毎月1,000円ずつの定期的な寄付もしてくださっています。また、「日本独立の選択」のご案内を誰に送るかといったことに関しても、色々アドバイスを頂いています。

高橋真様、いつも本当にありがとうございます! 大変に勇気づけられます。<(_ _)>
  1. 2015/12/17(木) 12:53:59|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

匿名様 -日本独立の選択


匿名の方から、絵本の論文「日本独立の選択」に関しまして、以下のメッセージをいただきました。ありがとうございます。

-------------------

twitterでたまたま流れてきたので読ませていただきました。
非常に広い視野をお持ちなのだと思います。

しかし最後の「独立の選択」をするかしないか、の項が説得力にかけているように感じました。

まずこの未来予測は「独立をしない選択をする=選択肢1周辺」と、「そもそも選択をしない」が混同しています。
"「選択をしない」という選択"は、「日本が保護国であることを決定した」ことも含まれるのでしょうか?ここを有耶無耶にすると「国民全員がまじめに議論すれば選択肢1を選ぶことはありえない。」という中立にみえて実は選択肢を誘導する暴力的な論文、ということになります。

また筆者は国民的議論が重要だという論を展開していますが、これにも疑問を覚えます。

どれかの意見に傾けてしまうとその反対意見者からもはや聞く耳を持ってもらえなくなることも、このHPはあくまで議論のたたき台になるべき場所であるということもわかります。しかしこうしてとるべき様々な方向性を並べられ、かたや他のページではすでに意見をかためているひとにもう一度広い視点を持て、といわれると、つまりは傍観者が最強なんじゃない?と思ってしまいます。これは独立をしない選択をする(米国化)、という意味ではありません。独立するしないの選択以前に、政治に参加しない方が楽だ、国民的議論なんていらない、という意味です。

筆者はこのなかからどの選択をしたのでしょうか?私はこの多大な選択肢から自分なりの選択をする方法を見出したいです。いまのままでは選択肢ばかり並べて中立の立場を貫く筆者の立場が非常に心地よく感じるがゆえに、そんな筆者が唯一主張する国民的議論を否定しかねません。

質問だらけで申し訳ありませんが、最後にもう一つ、気になったことがあります。
筆者は多数決についてどのようにお考えでしょうか?
多数決は西洋の道徳的普遍主義をもととした「民主主義」の根幹をなす部分だとおもうのですが、これはある種「数の暴力」として相手を抑えこむ手段になる得ると思います。筆者の掲げる平和のために、多数決はどのような形を取るべきなのでしょうか?

  1. 2015/12/12(土) 23:28:07|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

11月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
12月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>
  1. 2015/12/02(水) 14:52:50|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

能井通様 -メッセージ「新兵器」


能井通様より、以下のメッセージをお送りいただきました。熊井様、ありがとうございます!

-----------------------------------
「新兵器」

どの国も自分は相手よりも生き残りたいと思う訳ですから「軍縮」というのは最も難しいテーマの一つですね?鉄が青銅に取って替わり、戦艦が航空兵力に取って替わったように結局核以上のものが出現しないと核兵器を廃絶することは難しいのではないでしょうか?
処で未だ生活に精一杯でこうした活動をお手伝いできる身分ではございませんが、いづれ何かできる事から始めさせて頂きたいとは思っております。

  1. 2015/11/29(日) 13:01:52|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

防衛キャリア30年 太田述正様 -日本独立の選択


防衛庁のキャリア出身で元防衛庁長官官房防衛審議官にして、経営学修士(MBA)、政治学修士(いずれもスタンフォード大学)の大田述正様(以上情報は、ウィキより)が、ご自身のWEBで 絵本「独立の選択」をご紹介くださいました!

大田様、ありがとうございます!<(_ _)>

→太田述正コラム#8015(2015.11.6)
→ウィキペディア
  1. 2015/11/06(金) 21:40:21|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名誉教授 前坂俊之 様 ―日本独立の選択


静岡県立大学国際関係学部名誉教授 前坂俊之様が、 日本メルトダウン脱出法として、絵本の論文「日本独立の選択」をご紹介くださいました。

前坂様、ありがとうございます!

前坂俊之オフィシャルウェブサイト 日本メルトダウン脱出法(764)
  1. 2015/11/06(金) 16:13:31|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

10月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
11月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>
  1. 2015/11/03(火) 12:17:00|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三井悦子様 -日本独立の選択


神奈川県の三井悦子様より、以下の通り「日本独立の選択」に関連して、暖かいメールを頂きました。とても元気が出ます!
三井様、ありがとうございます!

-------------------

56まで絵本を見せていただきました。選択肢が多く、それを選択しながら自分の考えが明確になる素晴らしい絵本でした。

 最近、戦後の教育の成果が出てきて(これもGHQのお見事な戦略の成果です)活字離れが当然のようになっています。思考を深めるには、活字で情報を取り込む必要があります。

 これを、挿絵と文字で理解し、選択しながら思考を深めることができる絵本だと思いました。繰り返し読みたいと思います。

 いつもなら、先に見て納得してから、ブログ、Facebookに載せるのですが、先にしたのは正解でした。

 先週は、アイバンクミュージカル、サトルエネルギー学会、胎教アドバイザーの講義とあり、その合間に、右足小指のヒビの施術に接骨院とじっくり拝読する時間がとれずにいました。

 明日は、中山康直さんの講演で、神奈川県逗子に「大麻草やその他」についてお話を聞きにいきます。大麻は戦前、日本のどこにでも植えられていて、東京の麻布もその地名に残っています。GHQにより禁止されたのは、化学繊維の市場にするためです。悪者にしたてられた一つです。

 知りたがり屋で、納得するまで調べたり、考えてたりするので、いろいろ講演会や本で勉強しています。

 素晴らしい絵本をFacebookのコメントでも紹介していきます。さりげなく、楽しくがキーワード。

おばさんにペンキ塗りを仰せつかったトムソーヤ。
楽しそうにしているのを見て、友人がペンキ塗りをトムに頼んでやらせてもらう。
トムは遊んでいたけど、ペンキ塗りは終わった。
無理やり、高圧的、コチラが正義でなく、楽しく、ワクワク、面白いがいいようですものね。

  1. 2015/10/22(木) 11:01:38|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

aoiwasi-k135様  -日本独立の選択


aoiwasi-k135のブログで、絵本「日本独立の選択」を以下の通り、大きく取り上げご紹介くださいました。
aoiwasi-k135様、ありがとうございます!

---------
小名木 善行 ねずさんのひとりごとで紹介された絵本です。

大人の絵本です。

オトナの~というと何やら怪しげ!?

いえいえ、日本が独立をするにはどうしたらよいのか・・を話すたたき台にするための絵本だそうです。

「え、独立 はてなマーク」と思った方は、ぜひご覧ください。
  1. 2015/10/17(土) 11:17:09|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ねずさん(小名木善行様) -日本独立の選択


一日何万人も訪問する有名ブログ「ねずさんのひとりごと」で、日本独立の選択をとても好意的にご紹介くださいました。

------------------
東郷潤さんは、たいへん真面目な方で、真摯に日本の未来を考えておいでの方です。
彼は、日本と世界の様々な問題について、これを絵本形式で情報発信しておいでになります。
その東郷潤さんが、このたび新しい絵本として出したのが、「日本独立の選択」です。

たいへん興味深く、意欲的な内容です。
底の浅い左巻きを跳ね返しているだけでなく、右向きの中にある問題点も浮き彫りにしています。
⇣でみることができます。

―略―

みなさんにも、是非一度、この東郷さんの紙芝居をご欄いただきたいと思います。

ウヨクもサヨクもないのです。
平和を愛し、平和を希求するならば、対立や闘争の枠を出て、冷静に現実を見つめる知恵が大事であることを、この紙芝居は気づかせてくれます。
--------------------

ねずさんは歴史家としても有名な方で、何冊も本を出されており、僕も愛読者の一人です。^^
→アマゾン 小名木善行作品一覧

ねずさんこと、小名木善行様、ご感想、とても勇気づけられます。本当にありがとうございました!<(_ _)>

  1. 2015/10/16(金) 12:01:03|
  2. 紹介&リンク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定期的な寄付


以下の通り自動引き落としで、定期的な寄付をいただいています。

9月26日引き落とし 奈良県の宮崎純一様  1,000円
10月1日引き落とし  松山市の高橋真様   1,000円

いつも本当にありがとうございます。 <(_ _)>

  1. 2015/10/02(金) 10:13:58|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゆなこ ねこ様 -メッセージ


ゆなこ ねこ様より以下ののメッセージをいただきました。
「世界平和は隣の人を笑顔にすること」「心が豊かなら世界は平和」 おっしゃる通りですね!^^

ゆなこ ねこ様、ありがとうございます!

----------------

日本から、世界から戦争やテロをなくすなど無駄なこと。
世界平和とは
戦争を無くすことでも、テロを無くすことでも、犯罪者をなくすことではない。

本当に世界平和を訴えたいなら
心を養うこと。
武器を持ってもそれを使わない頭を養うこと。
人を憎んでも許してやろうとする我慢を養うこと。

たかが70年戦争がなかっただけの日本。
命の軽さを露見する日々。
戦争があったときは人の心は恐怖もあっただろうが、命に対しては心が重かった。

もし第九条がなければ、
日本は少なくとも命の重さに真剣だった。

私は阿部さんの安保法制に反対も賛成もしない。
武器を持っても戦争をしない心が養われる。
私たちは平和ボケしすぎた。

私は未来ある子供たちにこう言います。
世界平和は隣の人を笑顔にすること。
どんな心も理解すること。
蔑まないで見下さないこと。
心が豊かなら世界は平和だと。

  1. 2015/09/23(水) 11:55:38|
  2. 感想;絵本集、メッセージ・ご意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Vocal & RAW "WILD" Food School ROCK'N'RAW主宰のMATT様


Vocal & RAW "WILD" Food School ROCK'N'RAW主宰のMATT様より、以下のメッセージと1,200円の寄付を賜りました。
MATT様、誠にありがとうございます!!

-----------------

こちらの本、感激しました。
Vocal & RAW "WILD" Food School ROCK'N'RAW主宰の宮本 昌ことMATTともうします。
昨日の安保についてもそうですが今の世の中本当に誤った解釈の常識が多すぎます。僕らはの理念は"正しい食"で心とカラダを変え、さらには五感まで変わり、五感が変われば完成や敏捷性まで変わっていく。そのカラダを使うことで歌や声を出すこと、表現することで、自分に自身がつく。そして生き方まで変わる,,,そういったことをメッセージとして日々活動しています。
特に昨年から地元の小学校で行っている月一の読み聞かせクラブに入り、毎月、本を読む楽しさだけでなく、声を出して読む大切さなどを話しています。夏休み前には僕が提案した、地元に根付いているお話をいくつか探し出し、読み聞かせをしたところ(龍ケ崎市には昔山の上にお城がありそのお城は小学校のすぐ目の前の山で現在は高校になっている)、校長先生含めた先生方から絶賛を受け、校長先生がわざわざ来てくださり、小学生たちが近隣を探検しているイベントに是非その高校を入れ、昔話と連動させたいと話していました。
そのように本やストーリーの与える影響はすごく大きいと思っています中、この絵本は十二分位説得力があります。お話クラブでも是非取り込みたいとも考えています。
まずは自宅で子供達に読んで聞かせたいと考えていますので、是非1冊送っていただければともいます。当方住所は ―略― です。それでは宜しくお願いします。

  1. 2015/09/19(土) 01:12:26|
  2. 寄付|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
PREV | NEXT









































本ブログとは無関係の広告;[

FC2Ad